ホーム > デジタル全般 > iPhone 4S、3GS、Cyber-shot HX9V 撮り比べ

iPhone 4S、3GS、Cyber-shot HX9V 撮り比べ

camera_check2.jpg同じ風景を、iPhone 4S、iPhone 3GS、Cyber-shot HX9Vのカメラで撮り比べてみました。
その昔「iPhone 3GS、934SH、Cyber-shot T-9 撮り比べ」というのをやったのですが、あの時はカメラ性能そこそこと言われていた934SHでも、やはり一昔前のコンパクトデジカメにも及ばないという結論でした。

今回はiPhone 4Sのカメラが、3GSよりどれだけ良くなったのかと、実際それはコンパクトデジカメを別で所持しないでもいいくらいかどうかの確認です。

ちょこっとコーコク

こんなような比較です。

センサー 画素数
iPhone 4S CMOS 800万画素
iPhone 3GS CMOS 300万画素
Cyber-shot HX9V CMOS 1620万画素

時代は変わり、小さいものでもCMOSが幅を利かせてきました。
電力消費は元々CMOSの方が格段の良いわけですから、モバイルには理想的です。ただ写りは悪かったのは否めません。
しかし近年は裏面照射CMOSが普及し、かつてほど絶望的な差はなくなってきています。
iPhone 4SもCyber-shot HX9Vも裏面照射のCMOSです。

これもまた時代の流れなのですが、4SもHX9Vも広角気味になっています。
HX9Vは24mmですが、4Sはよくわかりません。30mmくらいでしょうか。使いやすい画角です。

今回も適当にフルオート状態で撮ってます。
同時にはシャッター押せないので、同じ位置に立ったまま三台順番で撮影しました。

Cyber-shot HX9V
>>オリジナル


さて、どうでしょう。
このサムネイルサイズだと、大騒ぎするほどの差はないかもしれません。
撮ったままのオリジナルをリンクさせてありますが、それを等倍レベルで見ると、さすがに3GSは劣った感じが際立ってますが、問題に他二台の比較です。
なんやかんやCyber-shotの圧勝かと思いきや、なんとiPhone 4Sも全然悪くないのです。
いや、よく観察すると、むしろCyber-shotよりも粘って描写している箇所もあったりするのです。

等倍から同じ箇所を切り抜いて、同じ条件でjpg書き出ししています。

iPhone 4S
iPhone 3GS
Cyber-shot HX9V

ボクの目は素人ですが、iPhone 4Sの方がディテール掴んでるような気がします。
どうなんでしょう。

もうボクの手元には、コンパクトデジカメのCCD機がにないのでHX9VのようなCMOSデジカメの程度というのが定まりませんが、日々特別イラだちもなく一定の納得の元で使っているデジカメです。
それ前提に考えると、このiPhone 4Sは相当にまともに写しているような気がします。
もちろん、ボク自身が手ブレさせてしまっているとか、いろいろ条件違うとこもあるのですが、難しいこと考えずにパチリとシャッター押してくるレベルでは、全然キレイです。
つまり、コンパクトデジカメの代わりになるのかならないかの話では、「なる」と言ってしまっていい心境です。

今回の比較の中で、なにげにiPhone 4Sが優れているのがF値なんですよね。
携帯のカメラのF値なんて気にする時代が来たことがまず驚きなのですが、iPhone 4SはF2.4、3GSがF2.8、HX9Vがワイド端でF3.3なので、センサーサイズの違いも少しあるので単純比較はできませんけど、やっぱりiPhone 4Sのカメラが優秀であることは間違いないのでは。

ここまでちゃんと撮れるなら、いろいろと設定項目がない分、そこらのデジカメよりも使いやすく感じるかもしれません。
これ持って、あとはミラーレスとか、一眼とか持っていくっていのが一番いいように思います。

twitterに投稿する

TO TOP