ホーム > デジタル全般

ハイビジョン周辺の話です。
なかなかややこしい話に突入していきますが、下地の知識だと思ってください。

ハイビジョンをざっと分類すると、
アナログでの「ハイビジョン(MUSE)」と、デジタルでの「BS/110°CSデジタルハイビジョン(ISDB-S)」「地上デジタルハイビジョン(ISDB-T)」となります。

アナログハイビジョンは、NHKが1989年から試験放送などしながらがんばっていたのですが、それも普及せぬまま、デジタルの波にのまれてしまい、今静かに役目を終えようとしています。BS9でやっていましたよね。それも2007年9月30日に終了なのです。
もう忘れてください。

つまり、かつては「ハイビジョン」といったらアナログのそれを指していたのですが、今は同じ呼び名のまま、BS地上ひっくるめてのデジタルハイビジョンをことを指すようになっています。
うるさい人は今のものはハイビジョンではないとか言いますが、それは深夜12時過ぎた瞬間に明日になったというような意味と近づきつつあります。 ちなみに、この「ハイビジョン」はNHKのネーミングですから、思いっきり和製英語。

大昔に書いた「サルではわからないDVD講座」と趣旨は一緒です。
わからない人向けのザックリとした話で、もっともっと深く知りたい人はさらに自分で研究してください。
入り口程度です。

世の中を騒がせている地デジですが、2003年12月から関東・近畿・中京の3大広域圏でスタートとして、今や徐々に放送エリアを拡大しています。
地デジは、これまでのVHFではなくUHFの帯域を使っています。昔「Uチャン」なんて呼ばれてたアレ。なんか田舎のチャンネルみたいに思っていたら、ここにきて大役抜擢。

最近、またHD&DVDレコーダーを購入しました。
今までと同じくSONYのスゴ録で、「RDZ-D87」というモデルです。

過去のエントリーによると、ボクは2004年の12月に、我が家2代目となるスゴ録「HX-100」を購入していました。
で、以降はほとんどスゴ録のことも書かないでいたのですが、つまりはそのHX-100は、いろいろとブラッシュアップが進んでいて、ある程度満足のまま使っていられたというわけです。厳密には、一度DVDのドライブがおかしくなって修理してますが、それも保証期間内だったので、まぁいいかと。

高かないか? PS3

個人的には全くと言っていいほど興味はないのですが、
例のプレステ3が、とうとう発売日決定したようです。

プレイステーション3 、11月11日発売
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0605/09/news022.html

もし、SO902iがちゃんと3月10日に発売されていたら、これを買うのは随分と遅くなっていたかもしれません。
やるせない思いが別ベクトルへ走らせたようです。
例のロケーションフリー(LF-PK1)を買ってしまいました。

以前お伝えしたように、
このロケフリを導入すると、PSPからTVもしくはビデオが見られるようになるということになっています。
もしホントに、ちゃーんと鑑賞に耐えるレベルだったとしたら、これまで、テレビ、ビデオを見るということがリビングに限定されていた我が家にとっては革命です。

PSPて凄いのね

Yahoo! BBの入会キャンペーンで、「PSPを6800円で買える」というのがあり、まんまとそれに申し込んだという話を以前書きました。
それの続報です。

Yahoo! BB開通して一週間ほどで、ヨドバシから振込み用紙が到着。
請求は6800円です。
それを素直に振込みしておくと、数日後にPSPが我が家に届いてしまいました。
ホントに6800円ポッキリでした。
送料もかからず。

Cyber-shot T-9 買った理由

発売日に買ってしまいましたサイバーショット T9です。

実はボクはコンパクトデジカメというのを持っていませんでした。
ちょうど一年前に、一念発起してデジタル一眼を買い、ほとんどそれと同時に持っていたコンパクトデジカメはみんな処分してしまったのです。以降は何を撮るにしてもデジイチ生活です。もちろん写りに関しては、デジイチとコンパクトでは比較の意味がないくらい別物で、今でもデジイチには大満足しています。ですが、ラーメン屋なんかでは一眼レフを構えるのは少々恥ずかしいものがあったりもしますし、いつおもしろいものに出くわすかわからない中、常時あのサイズのカメラを携帯するのは正直くたびれます。そういうわけで、かねがね一台はコンパクトが欲しいなと思っていました。

プレステ3発表

もうプレステ2ですら持っていないボクですので、ホントはどうでもよかったりするのですが、いよいよ「PLAYSTATION 3」っていうものが発表されました。

http://www.itmedia.co.jp/games/articles/0505/17/news019.html

筐体はプレステ2を未来的にした感じでしょうか。
やはり噂どおり「Blu-ray Disc」を積んできたようで、プレステ2のDVD普及の時のように、今度もこれがBlu-ray Discを普及させるのかもしれませんね。
ちょっと笑うのが、SDカードとCFのスロットを持っているということ。

発売は来年の春だそうです。

iPod博2005

周囲にiPodを使っている人が増殖中です。
せっかくなので、記念写真を撮らせてもらいました。

左上から、iPod shuffle、iPod mini(new)、iPod mini。
左下から、iPod(3G)、iPod photo、iPod。
という感じです。

中でもグリーンのiPod miniと、iPod photoは、買いたてのホヤホヤのようでしたので、爪を立てるようにして扱いました。ふふふ。

でも、こうして並べると、Photoのカラー液晶もうらやましいのですが、先代のiPodの液晶とボタンの光り方がカッコいいのではないかと思ったりもします。ホイールが白いのもいいですね。

さて、あなたはどれを買う。

iPod shuffle 思わぬ不便

その後、ほぼ毎日確実に携帯しているiPod shuffleですが、使用感としては、引き続き最高です。
小さく軽いだけでなく、USBメモリも兼ねているので、『聴かないかもしれないけど持って出る』ということに躊躇も生まれません。携帯電話で音楽再生できるものもありますが、どうしたって電池が気になってしまいますもんね。

さて、いいことずくめのshuffleのようですが、ちょっとだけ困ったちゃん仕様なところがありました。

TO TOP