ホーム > デジタル全般 > 驚愕のロケーションフリー

驚愕のロケーションフリー

ロケーションフリーの話題です。
なんか気がつくと、随分間があいてしまってましたが、一応は珍しい機器なので使用感など残しておきます。

以前お伝えしたのは、まずPSPを安く手に入れてしまったところからはじまり、ベースステーションとなるロケーションフリー(LF-PK1)を購入し、家庭内の無線LAN越しにテレビ映像をPSPで見たというところまででした。

次に、家のネット環境をYahoo!BBのADSLから、Bフレッツ+ASAHIネットにしたタイミングがあったのですが、この時からロケーションフリーはさらなる驚きを提供してくれました。
家のLANを飛び出しても、ネット越しであればテレビ視聴やビデオ操作ができるのです。
ミラクル。
で、どうしてプロバイダー変えてからでないとダメだったかというと、
別のネットワークからロケーションフリーに接続する為には固定IPというのが必要だったからです。
それはYahoo!BBではサービスやっていなくて、それ以外でも多くのプロバイダーではメチャ高だったりするのです。
その点でASAHIネットがかなり有利だったので決めました。

ちょこっとコーコク

ややこしい部分もありながらも、順を追ってPSPの設定を済ませると、無事にネット経由で家にあるスゴ録を操作することができました。それが冒頭の写真となります。
リモコンのレスポンスは当然のことながら、相当に鈍いのですが、辛抱強く操作すれば間違いなく家に居るのと同じように操作ができます。
これはちょっと不思議でもありますし、未来感も強。
映像は動き出してしまえば、全く不具合なく見られます。重要なのはネットの元気さとなりそうですね。この時は、家も出先も光だったので、コンディションは特上の部類だと思いますが、もう少し遅くてもビットレートいじれば視聴レベルは保てるのではないでしょうか。

PSP以外にもロケフリを使う手段はあります。
パソコンに専用のアプリを入れれば良いのです。
Windows用はSONYから「ロケーションフリープレイヤー(LFA-PC2など)が出てますし、Mac用には加賀電子から「TLF-MAC」というアプリが発売されています。どちらも2、3000円程度。
これらをノートパソコンだかにインストールしてしまえばPSPと同じ操作ができるようになります。

で、TLF-MACを入れて使ってみました。
ベースステーションと同じネットワーク内にある時にセットアップしたわけではないので、いろいろとメモなど取りながら行き来して設定したのですが、こちらも見事にネット越しで家のロケフリにアクセスできました。
PSPよりも操作感がいいかなぁと期待したのですが、実際はさほどでもないですね。

特に、ビデオの操作はかなり「よっこらしょ」
アプリ内のリモコンと、実機のリモコンのボタンレイアウトは全然違うので、いろいろと戸惑わせます。すべてアプリのリモコンで操作しなくてはならないのはわかっているのですが、パソコンのマウスを使っているとついついマウスオーバーで反応を求めていたりします。こういう点はPSPともまた違うのですが、いずれにしても少し改善の余地がありそうです。

なんとなく「あれれ」だったのが、アスペクト比。
これが普通のテレビを見ながら取ったスクリーンショットです。

こちらは、上の写真のシーンをス地デジ録画したものを同じシーンで見てみたスクリーンショットです。
松中が痩せているのわかりますか。
ロケフリで飛んでくるのは、アナログ化された4:3画像なので、16:9でも強引に4:3に縮められて送られてきます。
ボクの探求不足で解決できてないだけなのかもしれませんが、なんかデジタル放送とは別軸にいる感じがします。

そういえば、こないだのCEATEC2006にも、ロケフリのニューモデルLF-PK20が展示されていました。こちらはMPEG2だけでなく、H.264にも対応しているので、視聴に安定感が増しそうですね。
ボク個人的な感想かもしれないのですが、現行のLF-PK1は、ファンの音が物凄く不快なので、その点が改善されていたとしたら、魅力は大きいものになります。要下調べ。

さて、ロケーションフリーというものの総括。
本当に技術としては物凄いものを感じます。
外出先から家の据置ビデオが見られるのですから。
こんなに未来的なものはそうないでしょう。
しかし、ボクはこの設備を整えてから数ヶ月経ちますが、かなりの低使用頻度です。
それでも家の中で、PSPをミニテレビ状態にすることはまだいくらかありますが、外出先でネット接続して視聴するなんてことは皆無です。録画予約くらいなら携帯からもできますし、ますます出番なし。
つまり、よく考えると、外で高速回線でつなげられて、なおかつ、のんびりビデオ視聴したりする時間なんて、ほとんどないのです。これボクに限らず、大体の人はそうではないですかね。

確かに感動的でありながらも、そこに到達するまで、高速回線、ロケフリ本体、固定IP、パソコンもしくはPSP、と、かなりの出費&設定が必要です。
携帯でのワンセグ受信はデジタルですから、実はそっちの方がはるかにキレイな映像だったりするのですよね。
なので余計、家に録画されているものネット越しに見るのと、携帯は携帯でそれ用に録画しておいたものを見るのと、どっちが効率がいいかって話になってきます。

仮に今後、携帯電話にて゛もロケフリが装備されても、さらに低速接続なわけですから、そんな中でビデオのリモコン操作なんてしてられなさそうです。そもそもパケットがたいへん。定額でこういうサービスに対応してくれるキャリアなんてそうそう出てこないでしょうし。

凄い技術なんだけど、そこまで爆発はしないかもしれませんね。
外国在住の人が本当のターゲットか。

twitterに投稿する

TO TOP