ホーム > デジタル全般 > サルではわからない地上デジタル講座・1

サルではわからない地上デジタル講座・1

大昔に書いた「サルではわからないDVD講座」と趣旨は一緒です。
わからない人向けのザックリとした話で、もっともっと深く知りたい人はさらに自分で研究してください。
入り口程度です。

世の中を騒がせている地デジですが、2003年12月から関東・近畿・中京の3大広域圏でスタートとして、今や徐々に放送エリアを拡大しています。
地デジは、これまでのVHFではなくUHFの帯域を使っています。昔「Uチャン」なんて呼ばれてたアレ。なんか田舎のチャンネルみたいに思っていたら、ここにきて大役抜擢。

ちょこっとコーコク

噂に聞いてると思いますが、アナログの放送は2011年7月24日には終了されることになっていて、アナログしか受信できないテレビをそのままの状態で使うことはできなくなります。
もう映らんのです。
次のアフリカのW杯見てちょっとした頃には、今のテレビは単なる箱。
これは実際、相当な混乱を招くでしょうから、そう簡単に停波できるものか知りませんが、一応はそういう予定で進んでます。

今のところは、そうやっていずれ地上アナログの電波が飛んでこなくなる日が来るわけですが、
そもそも、その地上アナログの代わりになる「地上デジタル放送」ってどんなもんなのでしょう。

デジタル化されると、

画も音もキレイ
データ放送もくる
双方向の情報のやりとりで新サービスの可能性もある
録画とかコピーにうるさい

というような状況に変化します。
なんか、文字だけだと、たいしてトキメキませんよね。

デジタルへの移行ということが最大課題ですから、地デジを受信できるようになっても、別に新しい番組が流れているわけではありません。これまでと同じプログラムが流れています。こういう同じものを流すことを「サイマル放送」といいます。要するに、アナログからデジタルの移行期間どっち見ても大丈夫なようにしているということですね。
ちなみに、以前チラリと触れた「ワンセグ放送」もサイマル放送です。

では、UHF電波は拾える環境だったとして、
あと何が必要なのかというと、当たり前のことながら、地上デジタルのチューナーです。
これは感覚的には、アナログのBS放送が始まった時と同じですね。
テレビ本体に付いていればそのまま単体でOKですし、ビデオに内蔵されていればビデオ入力経由での受信となります。

ちょっと前、それこそボクが前のスゴ録(HX-100)を買った頃は、レコーダーにしてもテレビにしても、デジタルチューナーが付いている機種自体がすごく限られていましたし、付いてるというだけでボーンと値段が高くなったものです。しかし今は、急速に安くなってきています。逆に「アナログのみ」を見つける方が努力が必要かもしれません。
もちろん、チューナーのみの発売もされているので、何がなんでも今もっているテレビを使い続けるという人は、そういう外部チューナーを買えば見られるようになります。古くたってビデオデッキつなげられる程度のものであれば、とりあえず今の地上波アナログと同じものが、少なくともゴーストなんかのない分はキレイに映ることが予想されます。

考えなくてはならないのは、
テレビ本体には地デジチューナーは付いてなくて、外部のチューナーなんかを接続して、単に見えるというだけでなく、「ハイビジョン品質として」見たい場合です。
ボク自身もこれに該当します。

この場合、
テレビ側にD3端子、D4端子、HDMI端子が付いてるなら、ハイビジョン放送をハイビジョン品質で見られるテレビということになっています。
赤白黄の3色やS端子、D1/D2端子なんかしかない場合は、残念ながら本来のハイビジョン品質では見られません。

なので、これから2011年をまたぐようなプランでテレビを買う場合は、D3/D4端子は最低条件で、もっといえば、HDMIという現在最高の規格の接続端子が付いている方がモアベターなのです。

その本来の実力、ハイビジョン画質ってどういうことでしょう。
かつて「ハイビジョン」といったら、BSの9でやっていたやつですよね。(厳密には来年の9月30で停波)
MUSEデコーダーとか使って。
ボクなんか店頭でしか見たことありません。
なんとなく「夢のテレビ」だったアレですが、正確な棲み分けは、「アナログ・ハイビジョン」というもので、実際今の「デジタル・ハイビジョン」とは別のものです。

このデジタルのハイビジョンですが、地デジ導入することで、かなり身近なものになりますし、いろいろと意識せざるを得ない状況になっていきます。

そのあたりはまた次回。

twitterに投稿する

TO TOP