ホーム > デジタル全般 > サルではわからないDVD講座・1

サルではわからないDVD講座・1

混沌とするDVD事情を整理してみますので、ボク同様に年末年始のテレビ番組などをターゲットに、いよいよこれから購入しようという人は参考にしてみてください。あくまで「わかってない人」向けの基礎的な話です。

ちょこっとコーコク

今、DVDレコーダーを買おうと思ったら、主力製品は「ハードディスク内蔵DVDレコーダー」ということになります。これはDVDの規格云々関係なく、ひたすらハードディスクにテレビを録画し、気に入ったものだけをDVDに書き出し保存するという形態のものです。このハードディスクに関しては何も考えず、予算の許す限り大容量のものを買うのがベスト。見ては消し見ては消し、というような方はハードディスクさえあれば快適という状態になるでしょう。

で、問題なのはDVDの方です。
現在、一言で「DVD」といっても、かなり広い範囲のものを差しています。
まず大きく分類すると、読むだけの「DVD-Video」「DVD-ROM」と、録画などの記録できる「DVD-RAM」「DVD-RW」「DVD-R」「DVD+RW」「DVD+R」です。
もうわからなくなりそうですね。

まず簡単な方、
市販の映画DVDソフト、これはすべて「DVD-Video」という規格で、「DVDが再生できるよ」といわれる機械は、つまりはこの「DVD-Video」が読めるよということになります。
もうひとつの「DVD-ROM」は、パソコンなどが扱うデータが入ったソフトで、百科事典だとか地図だとかCD-ROMにはまとめきれないくらいの大容量データなんか入っているものが多いです。Macなんかも最近はOS+バンドルソフトはDVD-ROM1枚になってます。
これらは、市販の音楽CDにあれ以上録音できないのと一緒で、その一枚で完結しています。読むだけ

一方、記録型DVDの方はかなりゴチャゴチャです。
噂には聞いてると思いますが、繰り返し記録できるDVDは、かつてのVHS対ベータのように勢力争いを繰り広げる2つの規格があります。「DVD-RAM」と「DVD-RW」です。メーカーの考え方なのでしょうが、これが面倒臭さの元凶。分けると以下の表になります。

DVD-RAM DVD-RW
松下、東芝、日立 パイオニア、シャープ、ソニー、三菱

このうち、東芝はマルチドライブ採用しているので、RAMだけでなくRWも扱うことができます。しかしサイトなどみるとRAMが優れていると謳っていますので、RAM派であるのは変わらないでしょう。勢力的にみると、確か「DVD-RAM」の方が強いという話を聞いています。この2つの規格は互換性がなく、RAMで録画したらRWでは読めませんし、逆も同様です。

ボクの環境的には、カーナビがパイオニア製(カロッツェリア)で、DVD-RWの読み込みが出来るということ、MacではRAMはダメということ、あとはPS2でも再生してみようかな、ということで、RWであることはほとんど絶対条件でした。

で、少し複雑なのは、このRWの中にも記録フォーマットが2種類あるということです。
ビデオモード」と「VRモード」というものなのですが、これを用途に応じて変更できるわけです。ビデオモードは割と互換性が高く、上述したカーナビで再生できるのもRWのビデオモードのみです。VRモードはディスク上で色々と編集が強い反面、再生できるプレイヤーも選びます。

その他、RAM、RW両者の特徴をあげると、
■DVD-RAM
・カートリッジに入ってる(外しても使える)
・互換性は乏しい(PS2不可)
・二カ国語放送そのまま録画可
・ディスク上での編集能力が高い
・ファイナライズ不要

■DVD-RW
・CDのように丸裸
・記録フォーマット選択式(VRモードorビデオモード)
・ビデオモードは再生の互換性高い
・二カ国語放送録画はVRモードのみ対応
・VRモードは編集能力高い
・ビデオモードは要ファイナライズ、VRモードは不要。

などなどなのですが、
ここで聞き慣れない「ファイナライズ」という言葉。これを先に説明しておきます。
ファイナライズとは、あるDVDレコーダーで録画したDVDを、他のDVDプレイヤーなどで再生する時の為にするもので、いわば「締め」の作業です。「これで録画終わりだよ」の印を付けるみたいな考え方が分かりやすいかもしれません。このファイナライズを済ませてしまうと互換性が高くなる代わりに追加の録画なども締め切ってしまいます。言ってみればオーダーストップみたいなものです。書き込みをしたDVDレコーダーではファイナライズしなくても再生できるので、本当に旅立たせる段階でするものですね。ビデオテープにはなかった考え方で、ちょっと面倒臭いポイントかもしれません。しかも、このファイナライズはわりと時間を喰います。

と、よくよく見ると、
「RAM」と「RWのVRモード」が近い存在であることがわかりませんか。
どちらもファイナライズ不要で編集能力が高く、二カ国語放送対応だったり、多機能な気配がありますね。ここズバリと言ってしまえばDVD-RAM自体がVRモードのみという形態を取っているからなのです。要は同じ形式。ディスク仕様が違うので互換性はありませんが、やれることはほぼ同じです。(先程あげた東芝のマルチドライブのDVDでも使えるのはRAMの方だけで、RWはビデオモードだけです)

規格 DVD-RAM DVD-RW
記録フォーマット VRモード VRモード ビデオモード
特徴 編集強い
二カ国語可
ファイナライズ不要
再生互換(低)
編集強い
二カ国語可
ファイナライズ不要
再生互換(中)
編集はほとんど不可
二カ国語不可
要ファイナライズ
再生互換(高)

上表でRWのVRモードガ再生互換(中)としてあるのは、PS2の中でも今年5月発売の「SCPH-50000」以降はRWのVRモードも再生できるようになっているからです。あれだけのシェアを誇るPS2で再生できるというのは強みのひとつですね。ちなみにPSXでももちろん再生できます。

さて、ここまでのところどうでょう。
とりあえず、DVD-RAMとDVD-RWという二本柱の存在はわかったと思いますが、実はまだまだ複雑な展開をみせています。
とりあえず今回はここまで。

twitterに投稿する

コメント(1)

東芝のデッキで焼いたDVDをプレステ2で見るにはどうしたらよいのか、で探していて、ここへ来ました。
DVD+RWの違いやMacの対応のこともわかりやすく書いて頂いていたので、とても参考になりました。
ありがとうございます。

たまごプリン | 2004年9月10日 23:57 |返信

TO TOP