ホーム > デジタル全般 > サルではわからないDVD講座・2

サルではわからないDVD講座・2

さて前回、再記録型DVDには大きく分けて2つの主流があるというところまで話をすすめました。

規格 DVD-RAM DVD-RW
記録フォーマット VRモード VRモード ビデオモード
特徴 編集強い
二カ国語可
ファイナライズ不要
再生互換(低)
編集強い
二カ国語可
ファイナライズ不要
再生互換(中)
編集はほとんど不可
二カ国語不可
要ファイナライズ
再生互換(高)
ちょこっとコーコク

この「DVD-RAM」と「DVD-RW」は、どちらも一長一短なのですが、ボクは、DVD-RAMの方がビデオデッキという家電として使うには「わかりやすい」のではないかと思っています。VRモードだけに機能をしぼることによって、これができるとか、これができないとかが明確で、何よりも「カートリッジ」に入っているので、モノとしても安心感があります。レコードの代わりがCDで、カセットテープの代わりがMDだったとして、ビデオテープの代わりはDVD-RAMなんじゃないかという提案が飲み込みやすいのです。例えば、この手のものに柔軟でない我が親とかに使い方を説明するにしても、RAMの方がより理解を得やすいように思うのです。
ちなみにRAMは、少し互換性が低いので、録画したものを他プレイヤーで再生させたい場合は「DVD-R」に焼くという方法になります。(RAMデッキにしてもRWデッキにしても、DVD-Rに書き込む機能は大体標準装備です)

ここで一度「DVD-R」について。
DVD-Rというのは、一度書き込んだらそれっきりの記録形式のものです。CD-Rと同じようなものですね。CD-Rと違うのは「締め」の作業であるファイナライズをしなければディスクとしては自立できないことでしょうか。
記録も一筆書き型で、仮にファイナライズする前に録画されたものを削除しみても容量が復活することはありません
このDVD-Rは記録型の中ではダントツの互換性があり、DVD-Videoが映るプレイヤーならほとんど読めるのではないかと思います。つまり、RAMだRWだの悩みがありません。本当に「残したい」ものは結局はこれになると思われます。

さて、すでに何度か書いていますが、ボクはその「わかりやすいDVD-RAM」を選択しませんでした。
というのも、すでに家に導入されているカロッツェリアのカーナビがDVD-RWを読めるからです。家で録画したものをカーナビのディスプレイで表示させられるというのも、ちょっとトライしたかったのです。

ところが、実際には思っていたほど快適ではありません。
購入前はカタログの既述内容を文字としてしか把握していなかったのですが、カーナビで再生できるのは「RWのビデオモード」のみ。思い出していただきたいのは、ビデオモードというのはファイナライズしないと他プレイヤーでは再生できないということ。既述のようにファイナライズとは案外と時間を喰うものなので、ちょっとした録画ものを車内の空いた時間に再生してみるというノリにしては準備が気軽ではないのです。ビデオデッキが車内にあるような感覚とは全然違い、さぁ出掛けよう→DVDに録画したものを持っていこう→あ、ファイナライズしてないや→メンドクセー。という感じです。

この話、実はウチにあるPS2と単なるDVD再生専用機の2台にも該当する問題で、他のテレビにつながっているそれらの機種でで再生しようにも、このファイナライズが壁となり気軽さがないのです。
PS2に関しては前回も書いたとおり最新のものはファイナライズ不要のRWのVRモードにも対応していますので、結構使い勝手はよくなっているものと思いますが、ボクの持っている型のPS2はビデオモードのみの対応で、環境的にはカーナビと一緒。正直、不便な印象を持たされました。まぁRAMだったら全く再生できないので、面倒臭いということのぞけば当初の目的は達成しているのですが。

便利なよでいて、そこまででもないDVDですが、
実はこの状況を打開してくれるものがありました。
DVD+RWです。
DVD-RWではありません。「+(プラス)」です。
「また違うのかよ」と思われるかもしれませんが、とにかくこれはウチにとって救世主でした。

またまた続く。

twitterに投稿する

TO TOP