ホーム > TV・芸能 > 野々村竜太郎号泣問題

野々村竜太郎号泣問題

忙しい日々なのは変わらないのですが、
こんなオモシロイことは滅多にないので、メモせねば思いました。

兵庫県議会の野々村竜太郎県議(47)が、2013年度の「政務活動費」として、約300万円の日帰り出張の交通費が支出されていたが、義務づけられている領収書の添付や、出張目的などがなかったとのとこ。
1年のうち200日近い日帰り出張って、そりゃおかしいわな。

でこの釈明会見となったわけですが、これが本当に凄い。
STAP細胞関連、塩村あやかヤジ問題、とかこのところ発生した動画いろいろあったけど、今回のこの野々村竜太郎の会見動画は超絶ものですね。
これだけ繰りかえして見てしまったのも久しぶりです。

ちょこっとコーコク

時間を経て、なくなってしまってもいいように、同等の動画たくさん記録しておきます。

やっぱ独特だなぁ。
耳に手を当てる仕草や、朝鮮飲みとか表現される水の飲み方とか、とにかく見応えあります。
なんだか的を射いないやりとりが続き、いよいよ困った質問されたら、意味不明な方向性での興奮をみせるわけですから、クロっちゃクロなんでしょう。
あんだけ泣いてみせる大人ってちょっと記憶にありません。
イギリスとかで「フルスロットルの謝罪」とか言われちゃってるのもオモロイですよね。
釈明という場面で、ああいった表現方法で、場を乗り越えられると思っているメンタルも味わい深い。
この人、今後どうなるかわかりませんが、間違いなくこの会見は歴史的会見だったと思いますよ。
ワールドカップブラジル大会の日本代表がさっさと敗退したり、集団的自衛権使えるようにしたいとか、なんだかドロンとした感じの日本へ、まさに「プレゼント」だったとしか思えないです。

twitterに投稿する

TO TOP