ホーム > 格闘技

last_empero.jpg
先日、M-1 グローバルの大会で、ヒョードルがペドロ・ヒーゾと対戦しました。
結果は、84秒のTKO勝ち。
パウンドによるレフリーストップです。

で、この試合前から「私のキャリアを終える時が来た。6月21日が引退試合になる」と発言し、にわかに去就に注目が集まっていたわけですが、やはり試合後に正式に近い形で引退表明しました。
ん〜。時が来てしまったのか。

最近は時間にゆとりがなく、すっかり更新できないでいるのですが、さすがにこのニュースは触れないわけいきません。

K‐1四天王"マイク・ベルナルドさん死去 紀香も追悼
K‐1で活躍した格闘家のマイク・ベルナルドさんが、14日に母国の南ア・ケープタウンで亡くなったと、複数の海外ニュースサイトが相次いで報じた。42歳だった。

長くK‐1中継の司会を務め、ベルナルドとも親しかった女優の藤原紀香は公式サイトで「悲しくて、悲しくて、胸が張り裂けそうです」と悲痛なコメントを掲載。K‐1で対戦したレイ・セフォーやゲーリー・グッドリッジは自身のツイッターで追悼コメントを出し、ミルコ・クロコップも海外の格闘技ニュースサイトにコメントしている。

 ベルナルドさんは95年3月のK‐1GP(後のK‐1ワールドGP)で初来日し、初戦でアンディ・フグをKOする鮮烈なK‐1デビューを飾った。豪腕パンチを武器にピーター・アーツ、アーネスト・ホースト、フグとともに四天王と称され、96年のGPで準優勝するなど一時代を築いた。WBF世界ヘビー級王座を獲得するなどボクシングでも活躍し、01年大みそかの猪木祭では高田延彦と総合格闘技ルールで対戦した。

 01年以降は打たれ弱さが目立つようになり、06年に引退。現在は後進の育成にあたっており、07年にはK‐1トライアウトのコーチ役として来日していた。

どうも、ハートの病にかかっていて、自殺とかって話もありますね。
42歳って厄年ですか。

genkidesuka2011.jpg

とうとうテレビ放映がなくなった大晦日格闘技ですが、一応今年も「元気ですか!! 大晦日!! 2011」という大会があります。
その名の示すとおり、猪木が旗振りとなり、IGFとDREAMの合同大会みたいなノリです。
なので、厳密にはかつての格闘技大会のよりも明らかにプロレスが入ったりしてますが、なしとろ興味を引くのは、あのヒョードルを久しぶりに日本へ呼べたってこと。

なんと、石井慧とやるのです。

ミルコ引退

先日のUFC137に、背水のミルコ・クロコップが出場しましたが、ロイ・ネルソン相手に3ラウンド TKO負けという結果となりました。
この試合でUFCとの契約が満了となるので、内容も結果も求められてたいのですが、無残な形となり、本人も「これが最後」と口にしたのだとか。

37歳。あのミルコ・クロコップも引退ですか。

完全なものではありませんが、ネットで試合を見ました。

やはりショックです。
あり得た結果ではありますが、それでもいつもその予想を大きく上回る実力を見せてきたのがヒョードルですもんね。

ストライクフォース ワールドGPの一回戦、
ヒョードル vs アントニオ・シウバの件です。

格闘技ファンでなくても、このところの日本格闘技界の危険な状況は少し感じていると思います。
DREAMも、K-1も、もう経営的に末期みたいですね。
この件は追々はっきりしていくことでしょう。

そんな中、海の向こうで、久しぶりに『開催がワクワクで待ちきれない』というようなトーナメントが開催されそうです。

ストライクフォース ワールド・ヘビー級グランプリです。

気付いたら2011年

というわけで、今回のお正月は喪中で初詣には行かなかったり、新生児が家にきたりで、かなり外出が控えめでした。
逆いうと、いつもよりものんびりだったかもしれません。

年末年始のテレビも少し見たので、まずそのことでも。

ヘビー級の興味深いカードが日本で見られなくなって久しいですが、ヒョードルに関しては安定した強さを誇っていました。
今回のStrikeforceでの対ファブリシオ・ベルドゥムも、やっぱりなんだかんだヒョードルが勝つもんだと決めてかかっていました。

しかし結果は、1ラウンド1分9秒、三角絞めでタップアウト負け。
総合の試合で、このような負け方は初めてではないでしょうか。

大晦日の感想

なんか今年は正月休みも短めの印象で、早くも2010年の『日常』がスタートしてしまいました。
とりあえず昨年末のDynamite!!の感想を少し。

いよいよ大晦日が近づいてます。
『大晦日は格闘技観戦』というのがリズムになっている人も何もボクだけではないでしょう。
「Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜」ですが、一応はSRCとの連立ってことで、盛り上がりそうな気配を持っていたのですが、出揃ったカードはやっぱりイマイチお祭り感のないものばかりです。

でも、やらないよりマシ。
楽しみにしています。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

TO TOP