ホーム > 格闘技 > それでも見ます Dynamite!!

それでも見ます Dynamite!!

いよいよ大晦日が近づいてます。
『大晦日は格闘技観戦』というのがリズムになっている人も何もボクだけではないでしょう。
「Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜」ですが、一応はSRCとの連立ってことで、盛り上がりそうな気配を持っていたのですが、出揃ったカードはやっぱりイマイチお祭り感のないものばかりです。

でも、やらないよりマシ。
楽しみにしています。

ちょこっとコーコク
ミノワマン vs ソクジュ

なんでやっているのか不明だった「スーパーハルクトーナメント」の決勝です。
ソクジュのKO勝ちですね。普通に。
ラッシュでくにゃくにゃくにゃっと倒れて、そのまま打たれ続けてレフリーストップ。

西島洋介 vs レイ・セフォー

この日唯一のK-1ルール。しかもK-1の最前線ではない選手同士の試合です。
セフォーがぶくぶくだったら、西島もあるかもしれませんが、基本的にセフォーでしょうね。西島のパンチ力だとセフォーの打たれ強さを切り崩すのは難しいと思います。

ゲガール・ムサシ vs ゲーリー・グッドリッジ

最後の最後に決まったDREAMルールの試合です。
ムサシがいかに強いかって確認するカードですね。
せっかくなら引退表明したドン・フライを引っ張り出して欲しかった。

メルヴィン・マヌーフ vs 三崎和雄

ここからDREAMとSRCの対抗戦カードが続くわけですが、これはまぁまぁかもしれません。三崎の水準を再確認するのには。
予想としては、マヌーフのラッシュが勝りつつ、三崎倒れず、判定でマヌーフって感じでしょうか。

高谷裕之 vs 小見川 道大

ケンカっぽくて、見れば結構おもしろそうです。
ただ、華はないですね。カードとして。
どっちが勝っても負けても、何も思わない可能性があります。
なんとなく小見川のが上かなぁとは思ってますが。

柴田勝頼 vs 泉 浩

これもどうでもいいなぁ。
予想できないくらいどうでもいい。
基礎体力は泉だろうけど。

アリスター・オーフレイム vs 藤田和之

やっと少し刺激のあるカードです。
ただ、伸び盛りまオーフレイム、斜陽の藤田、体格差ってこと以上に差が大きそうです。
それでも、総合ルールでのオーフレイムは今ひとつモンスター度合いが小さくなるので、全く勝機ゼロってことでもないのかな。
いずれにしても、お祭りカードの1つとしては役割果たしてるような気がしますね。
藤田には「良い負けっぷり」を見せて欲しいです。

所 英男 vsキム・ジョンマン

キング・オブ・パンクラシストのマルロン・サンドロとの対戦予定が、怪我でキム・ジョンマンに替わりました。
所へはお年玉でしたかね。

桜井"マッハ"速人 vs 郷野聡寛

異色の顔合わせっぽいなぁと思ったら、初対決だそうで。
どうでしょう。
郷野のノリも怖いところもありますが、ボク個人的にはやはりマッハのが上であると信じたいところもあります。
これも判定かもしれません。しかもヌルめ。

山本"KID"徳郁 vs 金原正徳

カードとしては面白味ありますね。戦極のチャンピオン相手にKIDがどれくらいの力を発揮できるのか。
『見たい』という意味で、KIDのKO勝ちとしておきます。

川尻達也 vs 横田一則

どっちでしょうね。
目立ってるのは川尻ですが、横田もやかましいですからね。
ちゃんとOAされるかのが不安です。

青木真也 vs 廣田瑞人

いがみ合いも含めて、今いいムードになってきました。ちょっとだけ楽しみな試合です。
どんどん打撃で攻める廣田、なんとか捕まえてグランドへ持ち込もうとする青木って構図となりそうですが、青きはそういった戦いの中で一通り結果を出してきていますからね。
青木の一本勝ちかなぁ。
危ないとは思いますけど。

石井慧 vs 吉田秀彦

そして一番の御馳走です。
ようやく「石井がどんなものなのか」を見られる試合ですね。
同じ柔道金メダリストあがりの選手の対決ですが、年齢は親子ほど違います。
しかし総合ルールのキャリアは吉田の方が圧倒的。

石井は、すごい体をしているのは分かっていますが、動きは未知数ですもんね。
軽めのシャドーの構え方からして、意外と打撃適応はあるかもしれませんが、なにせ本気の打ち合い経験は皆無です。
ただ、それにつけ込めるほど吉田の打撃はうまいかって話にもなります。なにせモーションでかいですから、石井でも対応できてしまうかもしれません。
吉田が原点回帰して『捕まえる』ということに拘った方が怖いです

いずれにしても、これは完全に石井の為のマッチメイクです。
吉田は勝っても負けても、「ああそうですか」程度ですが、石井は負けてしまったら未来は平凡です。
どうなるか注目ですね。
個人的には、ヘビー級日本人の新星は待っていますので、勝つならしっかりとして形で勝って欲しいです。

魔裟斗 vs アンディ・サワー

はい引退試合です。
本当にこれがメインなんですね。

力量の近そうな初対決で、それなりに両者に背負ったものや、歴史がある場合に特上のワクワク感が発生するものです。
そういう意味で、このカードは全くワクワク感なし。
魔裟斗がサワーに2連敗しているからってことでドラマを仕立てようとしていますが、大晦日にそんな個人的なこと知ったこっちゃないのです。
これが「格好良い」と思っているのだから、仕方ないですけど。

もちろんサワーは強いですし、そのサワーと好勝負できそうなくらい魔裟斗も強いと思います。魔裟斗本人が言うように「ワンマッチなら負けない」も本当かもしれません。
ただ、面白味はないのです。見てても。


というわけで、
このところの不満である格闘技界の小粒感そのままのDynamite!!でした。
SRCとの連立で、少しは派手になるかと期待したのですが、やはりSRC勢がまだメディアの中でも育っていないところもあるので、「対抗」って言われるほどの緊張感はありませんよね。

最後に少し話し逸れますが、
格闘技界、個人的にはこのニュースのがインパクトありました。

前田日明氏参院選出馬、民主から比例代表
 現役時代カリスマ的な人気を集め、現在は総合格闘技団体リングスCEOを務める前田日明氏(50)が、来夏の参院選に民主党から立候補することが28日、分かった。比例代表の目玉候補の1人として、近く発表される見通しだ。前田氏は以前から政治への関心が高く、今夏の衆院選をはじめ国政選挙で民主党候補を応援、党内の人脈も広い。参院選必勝を目指す小沢一郎幹事長(67)の"勝負球"として、政界に殴り込むことになりそうだ。

なんか残念。

twitterに投稿する

コメント(4)

確かに全体的に期待感薄いですね。大晦日に西島やグッドリッジって…
って感じですし、実力伯仲って組み合わせが少ない気がします。
なんだか9割くらいは予想が当たってしまいそうな気配です。
ペトロシアンやマルロン・サンドロのケガが無ければもうちょっと
面白くなりそうだったのですが。

ミノワマンvsグッドリッジをオープニングファイトに持ってきて
ソクジュvsムサシにしたらグッと締まるかもしれませんね。

大仁田よりも残念でしかたありません、前田。ヤクザとの関係も
公言してませんでしたっけ?

オリバー | 2009年12月31日 00:47 |返信

おめでとうございます。
どうでしたかDynamite!!

前田は所のセコンドで居ましたね。
政治家にはなって欲しくないですよ。

yone | 2010年1月 1日 11:39 |返信

あけましておめでとうございます。

意外と楽しめました、Dynamite!!。ミノワマン、KID、マッハ、高谷、川尻、石井の負けを予想していたので自己満足の世界に浸って見てました。ミノワマンと川尻は勝ってしまいましたが…。ソクジュは勝ってはいけない事情でもあったのでしょうか。アローナやホジェリオを圧倒した選手とは思えませんね。

しかし青木はみっともなかったです。怒る相手を間違えてる。腕を折ったあと、すぐに放送席に行って谷川の腕を折っていればヒーローになれたのに。

オリバー | 2010年1月 2日 23:33 |返信

おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

※Dynamiteの件は別エントリー残しました。

yone | 2010年1月 4日 23:24 |返信

TO TOP