ホーム > 格闘技

さて、3月27日の土曜日は「K-1 WORLD GP 2004 in SAITAMA」というイベントが、さいたまスーパーアリーナで開催されます。
最近は増殖の一途を辿るK-1ですが、一応ここが本隊です。もちろんすべて「K-1ルール」。

ボブ・サップの使命

テレビで「K-1 BEAST2004 新潟初上陸」を見ました。
K-1がついにK-1MMAという総合ルールを導入した大会です。5月にはこのMMAだけで大会を成立させようと目論んでいる様子です。今後はわかりませんが、とりあえず今回のくくりは「K-1 JAPAN」なのでヤバそうですね。

PRIDE武士道2 > K-1沖縄

日曜日にやった格闘技の話です。
気になった試合だけ簡単に。

スカパー観戦しました。
予想以上に山場のない大会でした。

軽くPRIDE.27

2004年最初のPRIDEです。
今回は全体的に、瀬戸際の人たちの「再挑戦」のようなカードが多いようです。いくつかは春の無差別級PRIDE GPへのサバイバルマッチと銘打たれていますので、文字通り生き残りをかけた...ということです。しかし、それも緊張感をもっているのは選手だけの話で、見る側は比較的穏やかな心境で傍観できるのではないでしょうか。
興味深いが熱くはない、そんな印象です。

大晦日巴戦 総括

いやいや大晦日は大変でしたね。
ようやくビデオ全部見終わりました。感想も長いですよ。

最強の大晦日・顎の章

なんか、ようやくカード発表されたイノキボンバイエですが、酷いですねぇ。
待たせるだけ待たせて「これかい」って感じですよね。
プロモーションばっかりでした。
本当にチケット買った人をバカにしてますよ。
これなら家で他局のをライブ観戦した方が興奮するでしょう。

さてこちらは、PRIDE SPECIAL男祭りの件。
ようやくカード決定しましたが、本当に残念なことに桜庭vs田村は実現しませんでした。これが大トリだったら最高だったんですけどね。ま、来年以降の対戦は可能性を残しているようなので、とりあえずは我慢しましょう。
最終的に発表されたカードですが、微妙に「最高ではない」ですね。どれも、ちょっとずつ抑えてるという感じ。せめてメインの桜庭にもう少し緊張感ある相手を組んでほしかったです。もちろんホジェリオも実力者でしょうが、まだまだ実績が足りないので。
それにしても、日本人ファイターの最前線はすべて集まったと言っていいくらいの勢揃いですね。桜庭、田村、近藤、美濃輪、マッハが同じ大会に出てるってことがウソみたいです。これで小路でなくて高坂あたりの参戦とかだったら言うことなしだったのに。

いろいろと揺れている大晦日興行ですが、
とりあえず今回は、Dynamite!!のことだけに集中して簡単に予想をしておきます。
試合順はわかりません。

最強の大晦日・序章

すでに巷では宣伝合戦が繰り広げられていますので、ご存知のことと思いますが、今年の大晦日は格闘技興行が3つ激突することになっています。「日テレ・猪木祭」、「TBS・K-1」、「フジ・PRIDE」。これはおそらく、昨年の猪木ボンバイエ2002の高視聴率から、紅白相手に善戦できるソフトとして格闘技が目をつけられ、我も我もという感覚で広がった渦なのでしょう。

前の10件 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

TO TOP