ホーム > 格闘技

土曜日のK-1 WORLD GP 2009 FINALの件です。
わけあって、ながら見状態でのテレビ観戦だったのですが、一時は死に体かとも思われたK-1が、なんかもしかすると復興するのではないかと思うような内容でした。
率直に言って「結構おもしろかった」です。
もちろん、結果としてのシュルトの優勝というのは、ガックリさせられる現実ですが、一頃のような絶望感だけではなかったように思います。

ちょっと前から噂が聞こえてきたと思ったら、トントンと決まってしまいましたね。

Dynamite!!と戦極が合体、大みそか合同大会開催
大みそか恒例の格闘技イベント「Dynamite!!」が、ライバルイベント「戦極」と協力体制を敷き、大みそかのイベントを「Dynamite!!」に一本化して開催することを発表した。 「戦極」が大みそかに開催を計画していたイベント「SRC(センゴク・ライデン・チャンピオンシップ)12」は「Dynamite!!」との合体にともない中止。「SRC12」で実施が予定されていた北京五輪柔道金メダリスト・石井慧と吉田秀彦の対戦は「Dynamite!!」にスライドする方向で調整中。

「Dynamite!!」ではすでに魔裟斗の引退試合ほか数試合を決定しているが、今後は両イベントの選手による対抗戦を含め、全18〜19試合を計画していく。

戦極の方が吸収されたってのが実情でしょうか。
石井vs吉田というカードを扱えることになったわけですから、FEG&TBSはウマウマかもしれませんね。

かつて『フィーバー』と呼べるほどだった格闘技の熱気は、今となってはすっかりクールダウンしてしまいました。
しかし、注目されないながらも、いろんなこと相変わらず起こっているのです。

石井の総合転向に関しては、随分と紆余曲折あった気分ですが、とうとう今年の大晦日、または新年のイベントでのデビューが確定的となりました。
舞台は戦極。
そして相手は、なんとなんとの吉田秀彦です。

まず8月27日にこんなニュースがありました。

KIDが海外武者修行へ「自分を見つめ直したい」
10月の2大会欠場で大みそか復帰を目指す

都内・KRAZY BEEで27日、山本"KID"徳郁の記者会見が行われ、同選手の「DREAM.10」(10月6日、神奈川・横浜アリーナ)および「DREAM.11」(10月25日、大阪城ホール)欠場、そして海外武者修行出発が発表となった。

武者修行だそうです。
確かに怪我からの復帰後の2試合はそんな気分にさせる結果だったかもしれません。

affliction3.jpgお好きな方は当然知っているニュースですが、8月1日に予定されていた「Affliction:Trilogy」という格闘技イベントの中止が発表されました。
カード変更だとかいうレベルではありません。
大会中止ですよ。

近頃では最大級の御馳走だっただけに残念でなりません。

テレビで見ました。
K-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament FINAL8
興行名長いな。
要するに、K-1 MAXのトーナメントのベスト4を決める大会です。
しかし、それよりも話題なのが、魔裟斗vs川尻、そして山本KIDの4年ぶりのK-1参戦てことですね。

三沢光晴、死す

青天の霹靂とはこういうことでしょうか。

ノア三沢光晴さん急死、試合中に頭を強打 13日午後8時半すぎ、広島市中区の広島県立総合体育館で、プロレスラー三沢光晴選手(46)が試合中に相手の技をかけられて頭を強打。病院に運ばれたが、間もなく死亡が確認された。(ニッカンスポーツ)

シュルト時代

昨夜はK-1GRAND PRIXの決勝をテレビ観戦しました。
終わってみると、やっぱりシュルトが勝ってしまい、2連覇

昨日11月5日は、「PRIDE 武士道 其の十三 PRIDEウェルター級グランプリ2006 決勝戦」というのをスカパー観戦したわけですが、これがまた長〜い興行でした。
全12試合で6時間以上やってんですもんね。
12試合ってだけでも大変な長丁場は予想されてたわけですけど、結果そのうち9試合が判定ですから、とんでもない疲労感です。

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

TO TOP