ホーム > 格闘技

昨夜は滝川クリステルによって「PRIDEとフジテレビとの決別」が確認されたわけですが、これやっぱりなんとも残念ですね。

その後いろいろ憶測は飛び交い続けてますが、実際DSEからオフィシャルな回答は出てきてませんから、7月1日の無差別級トーナメントの2回戦ですらどうなるのかハッキリしていません。
8日には榊原社長の記者会見があるそうですけど、一体どんなこと言うんでしょう。
いきなり2回戦の組み合わせだけ発表してオシマイだったりして。

大変なことになりました。

フジテレビ:人気格闘技「PRIDE」放送中止
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060606k0000m040043000c.html

無差別級GPにシウバ参戦! ヒョードルは欠場=PRIDE
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/pride/headlines/20060518-00000032-spnavi-spo.html

なんということでしょう。

最強のベスト8決定

PRIDE無差別級GPです。
前半は熱く、後半はへなへな、というような今大会だったわけですが、とにかくベスト8が決定しました。

HERO'Sの件です。

山本KIDは見事でした。
曙も笑わせてくれました。
しかし、試合内容はあまり記憶にありません。
全部吹っ飛びました。

宇野の試合の後の前田日明の挨拶の時に、なんと桜庭が登場したのです。
つまり、桜庭のHERO'S参戦ということのようなのです。
ん〜、どうなってんだ!!

さて、5月5日開催のPRIDEの件です。
今回は、「無差別級グランプリ2006 開幕戦」ということになっていました。
はじまる前は、ミルコやらヒョードルにまじって、シウバやアローナ、ダンヘン、五味なんかが勢ぞろいして、本当にマンガ的にPRIDEナンバー1を決定するのかと思ってたのですが、結局は、ほとんどがヘビー級という超現実的な顔ぶれに落ち着きました。
ヒョードルは二回戦からの出場となり、どうやらシウバもそれを主張したとのこと。
ま、実績からしてそれも構いませんけど、その他のメンツももう少しなんとかならなかったのかとも思ってしまいます。ショーグンのケガは仕方ないにせよ。、コールマン、ホジェリオ、ハリトーノフ、ガードナーあたりは、トンプソンやズールよりかは緊張感を持ってくるのではないでしょうか。バリエーションという意味では、ナツラとか近藤とかマッハとか、さらにはチェ・ムベなんかにもチャンスをやってもいいような感じもなきにしも。
藤田を引っ張り出せて満足しちゃったか。

昨日はK-1のラスベガス大会でした。
いやしかし、チェホンマンvsプレデターには驚かされました。
あれが『K-1の今』なんですね。
真の意味で、テクニック0ですもんね。
藤原紀香の興奮過多は相変わらずだし。

さて、
もう少しまともな大会「HERO'S」と「PRIDE」が、このゴールデンウィークに連発開催されます。

五味散る

昨日の有明で行われたPRIDE武士道 其の拾の件です。
例によって知人宅でスカパー観戦したわけですが、戦前の小粒感を吹き飛ばすくらい波乱の大会でした。

ライト級の絶対王者ともくされていた五味隆典が、ブラジルのマーカス・アウレリオにキレイに肩固め一本取られてしまったのです。
ちょっと目を疑いました。

PRIDE.31です。
地味目な大会ではありましたが、いろいろ悲喜こもごもあった大会でした。
中でも西島洋介のPRIDEデビュー戦は、試合前に抱いていた「なんでメインなの」なんて思いもいっぺんで吹き飛んでしまうような内容でした。

PRIDE.31を予想

さてと、2月26日は今年最初のPRIDEです。
5月からの無差別級トーナメントの査定の意味合いも強いのですが、一般的にみたら、ちょっと華がないような顔ぶれかもしれませんね。しかし、渋いカードが多いですよ。

いろいろと興味はあるのですが、主要なカードだけ予想しておきます。

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

TO TOP