ホーム > 格闘技

大晦日格闘技総括

すっかり日が経ってしまいましたが、大晦日の格闘技のざっとした感想です。
当日ボクは、さいたまスーパーアリーナでやっていた『男祭り』の方へ観戦に行っていて、dynamite!!の方は帰宅後深夜にビデオチェックでした。

まずdynamite!!方面からいくつか。

予想はおろか、フジテレビのOAだって当日に見なかった今年のK-1 GRAND PRIXです。

最終的にはシュルト優勝という、新鮮なんだかそうでもないのかよくわからん結果でしたが、とりあえず内容だけみると、強かったですね。もともとシュルトは強い強いといわれていたわけですけど、PRIDEに身を置いた時期に物凄い勢いで株を落としてしまいました。今回はK-1に本腰を入れ、そして素質なりの実力を出せるようになったということですかね。あのサイズでまともに動けるようになったら、そりゃ大変です。

かつて、K-1参戦したてのシュルトに対して石井館長が「嫌い」だと言ったのが記憶に蘇ります。今はどう思ってんだろ。

いゃぁ、PRIDEはとんでもない目玉を用意してました。

大みそか柔道王対決!吉田VS小川 PRIDE「男祭り」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051111-00000035-sph-spo

吉田のビックマッチは噂されていましたが、まさか小川直也とは。

年末のdynamite!で。曙vsボビーが正式に決まりました。
なんつーバカカードか。

今や、ボビーといったらロッテのバレンタイン監督。
もしこのマッチメークが、曙vsボビー・バレンタインだったら、本当に『スゲェ』って気持ちになるのですが、ボビー・オロゴンとなると、驚きと同じくらい呆れる気持ちが沸き上がってきます。

ミルコに迫る危機

PRIDE30をスカパー観戦しました。
近年では一番ぐだぐだの大会だったかもしれませんね。
小さな『意外』はあったけど、大筋は予想通りの展開で、しかもそれのすべてがツマラナイ方、期待外れの方に転びました。

後半の試合だけ感想を。

いよいよPRIDE.30です。
もうPRIDEって30回もやったんですね。
正確にはもっとか。男祭りとかカウント外もあるわけですし。

さて、「STARTING OVER」と名付けらた今大会、再出発を目指すのが一つのテーマになっています。
ま、それなりにそのテーマに沿っている人も多いのですが、中には「そうでもない」のもいたりします。ミルコ、桜庭はいいとして、どうせならシウバとか近藤とか、許されるなら高坂とかビクトーとか、『期待されつつ敗れた人たち』の試合が見たかったですね。

さらばホースト

と書いてはみましたが、
とりあえず正式な『引退』ではなく、今回のK-1 WORLD GRAND PRIXを欠場するという話です。

ホースト 皮膚炎悪化で"引退"
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/k1/headlines/20050922-00000102-spnavi_ot-spo.html

一般的には今年の9.11は総選挙の日だったわけですが、プロレスの新団体「BIG MOUTH LOUD (略してBML)」の旗揚げの日でもあったようです。

普段あんまりプロレスのことを把握していないので、詳しいことは知らないのですが、このBMLは前田日明がHERO'S同様にスーパーバイザーという立場にあるので、ある程度は興味を持っていました。

予想はへろへろでしたね。
PRIDE GP 2005の感想です。
やっぱり長々書いてしまいました。

ミルコvsヒョードル以外の予想です。
大会としては「PRIDE GP 2005 決勝大会」ということですから、ホントのところはトーナメントの方が本流ですね。

バカ予想を残しておきます。

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

TO TOP