ホーム > ホークス・野球

福岡ソフトバンクホークス優勝です。
8年ぶりですか。
ホントに待ち望んでました。
ここ数年はソフトバンクは強い強い言われていながらも、日本一どころか日本シリーズ出場すらできないでいたわけですが、やっぱ優勝っていいですね。

普段あまりに無表情で、試合中も「何も考えてないのではないか」と思わせるくらいの秋山監督ですが、いきなりの男泣きに、こちらもグッとくるものがありました。
滑舌危ういスピーチも長めだったのですが、でもその不器用の隙間からある種の強いメッセージはあったようにも思います。

日本シリーズの件です。
祈るように望んでいたことですが、現実に名古屋で3タテしました。

これでホークスが日本一王手です。

無念の博多

hawks1113_0.jpg
行ってきました。日本シリーズ。
11月13日の第二戦です。

すでにご存じのように、前日12日の第一戦の負けをトレースするかのような試合でした。
東京から福岡まで、はるばる観戦しに行ってのあの内容。
お察しください。お察しください。

picture_dome.jpg

いよいよ明日から我が福岡ソフトバンク ホークスと中日ドラゴンズとの日本シリーズが始まるわけですが、今回ボクも久しぶりの優勝で勢いづいてしまい、日本シリーズのチケットを取ってしまいました。

というわけで、福岡へ行ってきます。

ありがとう柴原

そうでした。ホークスの柴原のことがありました。

ソフトバンク・柴原が引退「完全燃焼できた」
ソフトバンクの柴原洋外野手(37)が、今季限りで現役を引退することが7日、分かった。同日、球団側に引退を申し入れ、スポニチ本紙の取材に対し「(CSメンバーから外れ)1週間考えたけど、来年も野球をやるという気持ちが湧かなかった。完全燃焼できたと思います」と話した。近日中に球団から正式発表される。

このところは腰痛との戦いでしたね。

hawks_pa2011.jpg

やっぱり嬉しいものですね。
ホークスは今年ついに日本シリーズの出場権を手に入れました。

2連勝で迎えた第三戦。
引き分けでも確定という状況の中、最後はサヨナラ勝ちです。
酒が進みましたよ。

パリーグクライマックスシリーズ第一戦のホークス勝利のことをテレビで見ていたら、正式発表という雰囲気で「横浜DeNAベイスターズ」のことが伝えられてました。

よく知りませんが、身売りは確定的の中で、DeNAとかリクシルとか地元企業の束とか、聞こえてきてましたが、なんかあったさりとDeNAになってしまいましたね。

もっともっとこじれるのかと思っていました。

いよいよクライマックスシリーズでホークスの登場です。
相手は西武。
今年は17.5ゲーム差という独走でパリーグ制覇したのですから、ここで負けて日本シリーズ進出を逃すなんてことは考えてません。
なにがなんでも突破しましょう。

sb_v.jpg
おかげさまで、今年もパリーグ優勝ということになりました。
ありがとうございます。

しかし、喜び全開とはいかないのが近年のプロ野球。
ご存じのように、ここからクライマックスシリーズを勝ち抜かないと、日本シリーズに出られません。
相変わらず「おかしいだろ」とは思ってますが、今はそういうルールですんでね。

ホークスの2011年

そろそろ野球も見たくなってきました。
あちこちからキャンプ情報も入ってくる中、今年は本当に斎藤佑樹フィーバーが凄いですね。
なにがそんなに人気あるのかなぁ。やはりあの性格ですかね。
考えてみると、長嶋、王とかのスーパースター時代に通ずるような模範的な言動、振る舞い、ホント珍しいほど隙が少ないです。
寮の自分のベット下にエロ本隠してたりしてなさそうですもんね。

さて、ドラフトではその斉藤こそ外しましたが、我がソフトバンク・ホークスは、今季は近年になく積極的な補強がほどこされました。

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9

TO TOP