ホーム > ホークス・野球

ワンちゃんの呪い

松井もカブレラも終わってみたら今一歩野望を達成できませんでしたねぇ。

最初に言っておきます。
巨人ファンの方、スミマセン!!
爆笑してしまいました。
いろんな優勝の仕方はあったと思うのですが、考えられるパターンの中では最高の展開でした。まさかサヨナラ負け優勝はないだろうなぁと思っていた9回、阪神ファンの呪いにも似た応援の中から飛び出した浜中の同点ホームラン。もうあの瞬間からこのストーリーはできていた気がします。

野球関連を書くのは久々です。
我がダイエーホークスがずっと苦しい思いをしていて、とても話題にする気になれませんでした。それでも最終的には2位に落ち着けそうで安堵の域にはいるのですが、やっぱり悔しい・・・
かつての王者ライオンズも4年ぶり優勝ということなので、まぁパリーグの活気の為にはたまには優勝させてやんないといけないかもしれません。(巨人ー西武なんてホント見たくないですが)

それにして今夜みたいな他力本願的優勝決定というのファンも盛り上がれませんね。その対象がダイエーで、しかも延長引き分けによる決定ですから、ボクとしては最後っ屁の気分で痛快だったのですが、もっと欲を言うなら、明日貴乃花の復活Vの裏で今夜のような他力本願的優勝決定というのが見たかった。

米林ジャーナルの購読者の中にわかってるだけでも2人西武ファンがいます。
とりあえず言っときましょう。
「おめでとう。日本シリーズではパリーグ覇者として恥ずかしくない試合をしてくれ!!」

TOKYOを捨てた巨人

ダサッ!! まずはそう思いました。

いつか「城島ホームラン物語」というのを書いたのですが、覚えているでしょうか。

あの嫉ましい出来事がちょうど1ヶ月になります。
あの日デビューした寺原隼人はその後1勝をし、1敗をし、徐々に速い球も投げれるようになってきています。本格的な戦力になる日もそう遠くないでしょう。城島はホームランこそあまり出てませんが、相変わらずいいところで打ってます。そして何よりダイエー本隊はまずまずの好位置につけているのでボクの心も穏やかです。

城島ホームラン物語

4月16日、東京ドームへ日ハム×ダイエーを見に行ってきました。
寺原隼人の一軍デビューを見るためです。

試合終了後、ホームランボールをキャッチしたお二人のところへ行き、ボールを見せてもらいました。→これが城島健司が打った2002年シーズン第4号のホームランボールです。く〜。

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9

TO TOP