ホーム > ホークス・野球 > 城島ホームラン物語

城島ホームラン物語

4月16日、東京ドームへ日ハム×ダイエーを見に行ってきました。
寺原隼人の一軍デビューを見るためです。

ちょこっとコーコク

近年のダイエー戦は、東京でも結構混んでます。
のんびり観戦するつもりだったので、今回は外野の2階席にしました。
随分と遠い席だったのですが、真下にいる外野応援団の熱気も伝わってきますし、席自体も最前列だったのでかぶりつくように観戦でき、結構快適です。

寺原はというと、ボク自身ちょっと初陣は早いかなと思っていたのですが、まぁ現状そのままでしたね。結果自体はそんなによくないですが、ところどころ可能性をみせてくれました。松阪とは完成度が違うので、あそこまでの鮮烈デビューは飾れませんでしたが、そのうち輝くでしょう。

ゲーム全体の内容としては結構激しかったです。
3回裏、寺原が日ハム井出にくらったプロ初被弾のその直後、城島の3号ソロで追いつき、6回には松中の犠飛打でダイエー勝ち越し。そころがその裏日ハムの猛攻で寺原ノックアウトで4-2で日ハム。
その後淡々と試合が進み、ちょっと嫌なムードが漂いだした最終回表、やってくれました城島くん。追撃の4号ソロ。そして火のついたダイエー打線はなんとかランナーを塁をため、柴原のタイムリーで5対3。
感動的逆転です。

しかしそのままでは終わりませんでした。
最終回裏に抑えで出てきたのはペドラザではなくルーキー飯島。ところが期待に反してあれよあれよという間に1死満塁にしてしまいます。しかもバッターはボクの大嫌いな小笠原。
こりゃやられるか!?と思ったのですが、飯島踏ん張り、小笠原、オバンドーを連続三振で仕留めゲームセット。飯島のひとり相撲だったのですが、結果的には最後までハラハラ楽しめました。ここでセーブ失敗してたらやっぱりペドラザって話になるでしょうが。実際ペドラザは衰えが顕著でこのところ通用しなくなってきています。飯島には新ストッパーの期待もかかるところなので、とにかく結果的に抑えてよかった。

それにしても、こんなおもしろいゲームを生で見るのは初めてです。
ボクはちょっと疫病神の気があって、行く試合行く試合結構負けます。しかも勝ったとしても凡戦で、見ていてハラハラするような試合は見たことありません。
今回はホント行ってよかったです。
また行こう。

さて、話はまだ続きがあります。
最終回の逆転劇の口火切った城島の4号ホームランなんですが、なんとボクらの席の隣10席くらいのところまで飛んできました。

写真の(※サムネイルクリックしてください)が、ちょうどボクらの座った席と真対称の同位置です。見えづらいのですが、広告は「B.V.D.フジボウ」で、ボクはその「ボ」の上あたりからこの写真を撮っています。城島のホームランボールはそれよりもさらにセンターより「オーマイ・スパゲティ」のところまで飛んだわけです。でかいホームランでした。

そして、そのホームランボールですが、
ボクらの隣の隣くらいにいたカップルが見事ゲットしました。
かつてブーマーのホームランを前の席の人が取ったことがあったのですが、それはそれでブーマーをさほど愛していないのであんまりうらやましくもありませんでしたが、今回は城島のホームランです。
うらやましかった〜!!

→羨望の次ページへ

twitterに投稿する

TO TOP