ホーム > ホークス・野球 > 城島ホームラン物語 エピソード2

城島ホームラン物語 エピソード2

いつか「城島ホームラン物語」というのを書いたのですが、覚えているでしょうか。

あの嫉ましい出来事がちょうど1ヶ月になります。
あの日デビューした寺原隼人はその後1勝をし、1敗をし、徐々に速い球も投げれるようになってきています。本格的な戦力になる日もそう遠くないでしょう。城島はホームランこそあまり出てませんが、相変わらずいいところで打ってます。そして何よりダイエー本隊はまずまずの好位置につけているのでボクの心も穏やかです。

ちょこっとコーコク

そんな平穏な日々を送っていたボクの元にたいへんな知らせがきました。

件名「ホームランボール(その後ー1)」
右の写真が添付され、本文にはこうあります。

>>お久しぶりです。以前城島のホームランボールの 件でホームページに載せて頂いたTです。 ある日、福岡ドーム特捜部より小包が送られて 来ました。 (→ホームランボール(その後−2)に続く)

な、何事でしょう!?
あの幸運男Tさんがまるであの日と変わらない笑顔でいるではありませんか。
手に何か持ってます。
宅急便のようです。

続いてもうひとつメールが届いてます・・・・
件名「ホームランボール(その後-2)」
本文には、

>>開けてみるとそこにはボールが!!

(→ホームランボール(その後−3)に続く)

た、確かにボールを持っています。
サインボールのようです。
ま、まさかコレ城島の?
ホームランボール獲得すると、その人に家にサインボールでも送られてくるのか?なんてことを一瞬考えたのですが・・・

いや、ちょっと待て、このTシャツ!!
あの黒馬のTシャツではありませんか。
やはり愛用している。
しかも物凄い笑顔です。

そして次の「ホームランボール(その後-3)」にはの写真。

どうやらホントの城島のサインのようです。
しかも、あの日(4月16日)の日付入り。
寺原のプロ一軍デビューの日です。

それにしてもナゼ?
もうTさんには黒馬のTシャツあげたじゃないですか。ホームランボールを取るということはこんなにもスペシャルな特典があるってことでしょうか。

その後のメールで事実が判明しました。

>>実は私の父親の知り合いの方がダイエーの応援団長をやっていて、そのつてを使って城島選手にサインをもらったのです。

で、しかも一回書いてもらったのですが、日付が書いて
なかったのでもう一回行って書いてもらったそうです。
城島選手、ありがとうございます!!
実家にあったボール立てに飾ってみました。
今度ちゃんとしたケースを買ってきて飾るつもりです。

以上ご報告でした。

あぁ何てことでしょう。
ボクはこの嫉ましさをどこにぶつけたらよいものか。
しかし、あの日ボクが持ち前の窃盗術でボールを強奪したとしても城島のサインはもらえずにいたので、ホントTさんがGETしてよかったのかもしれません。
いや、待てよ。今ならサイン入りか・・・(ニヤリ)

twitterに投稿する

TO TOP