ホーム > ホークス・野球 > 待望の緑ホークスの日

待望の緑ホークスの日

vv1.jpg昨日、「鷹の祭典2012 IN 東京ドーム」というやつに行ってきました。
年に一度、普段と違うユニホームを着てやる試合なわけですが、毎年相当にボクの趣味と合わない展開で、全く気持ちが向かなかったのですが、今年は「VVグリーン」と称して、なのです。
待望の緑ユニホームです。
ここで何度か述べてますが、ボクは元々南海ホークスファンなので、この緑ユニホームには格別の思い入れがあります。
ホークスの「アイデンティティは緑」と思っているので、いつかは緑のユニホームに戻ると信じています。

そんなわけでこの日は、ゴールデンウィーク前にチケット押さえ、かなり楽しみにしていました。

ちょこっとコーコク

試合の内容としては、先発の岩崎が9回途中まで好投し、松中もホームラン打っちゃうなどで快勝。
連敗もストップで4位に浮上というなかなか良い結果でした。
今年のこのチーム状況や統一球など、シケた試合も予想されましたが、結構楽しめました。
ゲーム展開も早かったので、子連れとしては助かったかなぁと。

vv6.jpg

入場の際、ユニホーム配られるので、場内は気持ちの良いほどの緑だらけ。
思えば、南海ホークスの試合を観に行ったって、ここまで人は入りませんでしたから、眼前が緑の応援団になることは初めてです。

モニタにホークス史上最高動員とかって文字が出てました、
東京ドームのが客席多いということでしょうけど、ホントですかね。

vv8.jpg

この試合、やはり特別なイベントでもあったので、孫オーナーやワンちゃんの姿もありました。
ボクは少し遅刻したので、トリンドルの始球式は見られませんでしたが。

試合終了後には、勝利の花火をやり、藤井フミヤが熱唱し、そしてペンライト。
盛りだくさんでした。
子供たちも、驚くやら、興奮するやら、楽しんだ様子です。

vv5.jpg

最初この緑ユニホームの緑色加減に対して「イマイチ」のような感想を抱いたのですが、実際はまぁまぁでした。
これくらいが現代的なのかなぁと。
というか、贅沢はいいません。

vv2.jpg

今回は例年の「ユニホームの下はいつもにホーム用」と違い、横ラインも上と同色の緑になっていたりするので、非常にまとまっていました。

緑が名残惜しいので、この機会に色々とグッズ買っておこうかと思ったのですが、ボクの着いた時にはすでにほとんど売り切れでした。
唯一、子供用のキャップは残っていたので、買っておきました。
ニューエラ版でしたが、なんか緑の調子が少しユニホームと違いましたね。
帽子はツバも黒くして、フチを緑にしてみてもらいたかったなぁ。

vv3.jpg

いずれにしても、福岡でも良い結果を残し、緑ユニホームはゲンが良いという展開になることを祈るばかりです。

twitterに投稿する

TO TOP