ホーム > 趣味 > 我が家にゴパンがやってきた

我が家にゴパンがやってきた

gopan_head.jpg

愛息2号が食物アレルギーであるということは何度か書きました。
具体的には「卵」「小麦」「落花生」です。
この中でも一番きびしいのは小麦
食べ物って本当によく小麦使っているんですよね。
パンはもちろん、うどんだってダメですし、お菓子なんかもかなり使われてます。

ですので、二号は気の毒なほどお米ものばかりです。
一度、市販のパンで80%米粉というやつを「まぁ大丈夫かな」と食べさせてみたら、物凄いパクパク喜んで食べたものの、しばらくして顔などにバーッと湿疹が出てしまいました。
ほんの20%も許さんという感じです。

というわけでのゴパンです。

ちょこっとコーコク

ゴパンとはご存じ大ヒットした「米粉パンの作れるパン焼き器」です。
もともとサンヨー製ですが、うちに来たのはパナソニックブランドに変更されたものです。
わりといい値段のするこの商品ですが、ワイフの父が二号の為にと買ってくれたのです。

とにかく、全くパン作りに関して無知ですが、添付のレシピ本を睨みつつ、まずは1斤作ってみました。

gopan_1st.jpg

なんか、不格好なのが焼けました。
岩みたいなパンです。
耳は結構固くて厚いです。
中の方はモチモチしてますが、モチモチし過ぎてホントの餅みたいにも感じます。

実はこの時はレシピ本どおり進行させてはいたものの、コツみたいな部分は意味がイマイチわかっていないことが多々ありました。
後になってその意味がよくわかるような感じです。
最初、ご飯を朝炊けておくようにするノリで、適当に目覚めの頃にセットしましたが、どうもパンというやつは、焼き上がったらすぐに外に出して冷ましてやらないと余熱で耳が厚くなってしまうらしいのです。
なるほど。

冷ます時も、向きなど気をつけてやらないと、ペタンとつぶれてしまいます。
これも、ウンウンです。

何度か挑戦するうちに、少しずつ良くなってきたのですが、うまくいった時でも小麦ゼロ米粉パンって、あまりふくらまずズシリとした感じになり、心から美味いという感じでもないかなぁと思ったりします。
ま、とにかく愛息二号に安心してあげられるのは何よりですが。

それから、ゴパンは米粉パンを作るのがメインではありますが、もちろん普通の小麦粉パンも作れます。
小麦粉パンだと、市販のパンミックスみたいのを作ると相当に簡単にできます。

gopan_2nd.jpg

小麦パンを試すと非常に良い出来なので、結局は小麦ゼロの米粉パンって味も食感も少し落ちるのかなぁという印象です。
焼きたてパンの柔らかさなどもかなり差があるように思いました。

さてさて、今の時点はまだ色々試し試しなので、また少し研究してご報告したいと思います。
取り急ぎゴパンというものを購入検討されている方に率直な印象を残すとすれば、
結構うるさいってことですかね。

twitterに投稿する

TO TOP