ホーム > 趣味

苺鯛福たべてみた

ichitai1.jpg本来なら試食レポートみたいなもんですが、うちの近所で買ったあまりにローカルなものなので、単に食べたよ的な記録を残すにとどめます。
苺鯛福
「いちごたいふく」と読むのでしょう。

shirakanenotsuyu.jpg平成21年度の第23回全国酒類コンクールというので『芋焼酎部門 第1位受賞』という一本です。
鹿児島の白金酒造という歴史ある蔵で作られたそうで、なんでも西郷隆盛も飲んでいたのだとか。

IMO MEMO 5「角玉」

kakutama.jpg鹿児島の佐多宗二商店というところの「角玉(かくたま)」という芋焼酎です。
もともとは随分と歴史のある銘柄で、一時製造されていなかった様子です。なので厳密には近年リメイクされたもののようです。

sakurazima.jpg名前でわかるように鹿児島の芋焼酎です。
かねがね黒麹の桜島には悪い印象をもってなかったので、さらにワンランク上っぽい「別撰熟成」を見つけた時、わりとすんなり購入決定となりました。
期間限定となっていたのも後押し。

駅のバスタオル

クレジットカードには、なにかしらポイントシステムみたいのが入っているものですよね。
それとはなく貯まっていくポイントで、景品みたいのと交換できたり。

IMO MEMO 3「吉助・黒」

kichisuke.jpgボクの思う最高のコストバランス芋焼酎は「黒霧島」というやつなのですが、それを出しているのが宮崎の霧島酒造というところです。
その霧島酒造から今年、かなりの力の入れようで登場したのがこの吉助(よしすけ)です。
キャッチフレーズは「芋はどこまで美味しくなれるのだろう」

IMO MEMO 2「蔵の神」

kuranokami.jpgまた鹿児島県の芋焼酎で「蔵の神」というやつを試しました。
蔵の神とは、蔵付酵母のことを指しているそうです。
やや気になるのは、ラベルに「芋焼酎は5:5のお湯割りがうまい」とか書かれちゃっていること。
チープか。

IMO MEMO 1「伊佐大泉」

ほぼ毎晩「芋焼酎」です。
とっかかりは二年前に宮崎旅行に行った際、やたらと現地で飲んでしまっていからなのですが、今や米や麦にはほとんど気が向かなくなってしまいました。

しかしボクの場合、単に飲んでいるだけで、それが何て名前で、どこ産で、どんな印象だったのか記憶していない場合が多く、いつも店頭で「あれこれ飲んだっけ」となってしまいます。
なので、自分の為に芋焼酎の銘柄とスペック、そして星を定義しておきたいと思います。
味を語れるほどのものはないので、単にボクの備忘メモだと思ってください。

一本目は「伊勢大泉」

g_cup1.jpgファミリーマートに立ち寄った際、発見しました。
例のガンプラ付きカップヌードルです。
ついに発売されたのですね。
「ガンダム」「シャア専用ザク」「量産ザク」「ドム」と4種類あるようです。
とりあえず全部買っておくか・・・

char_ice1.jpgこの暑い毎日、そうでなくてもアイス食べたいと思うこと多いわけですが、これはもう絶対食べなくてはならないアイスが発売されます。
シャア専用アイスです。

氷が身にしみすぎる、甘いな......シャア専用MSアイスが登場
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0908/18/news077.html

前の10件 1  2  3  4  5  6  7

TO TOP