ホーム > 趣味 > ランドセルはナイキ

ランドセルはナイキ

いよいよこの春、愛息一号が小学校へあがります。
早いです。早いです。

というわけで、ランドセルが必要なのですが、色々と迷った挙げ句、
NIKEのランドセルということで落ち着きました。
え、そんなのあるのかよって感じですが、あるのです。

nike_r1.jpg

ちょこっとコーコク

nike_r2.jpg

ボクの通っていた時代は、男は黒、女は赤、て決まっていて、時に転校生が違う風味のランドセルを持ち込む程度でした。
で、同じ黒ランドセルにしても、よくよく見ると、質感や小さな装飾は違っていたりします。
アホなボクは、友達の持っていたテカテカのが結構良く見えていて、自分のはやけにリアルに牛感があって光沢もあまりなく、なんか重いし、気に入ってませんでした。
ですが、買ってもらった時のことはよく覚えていて、父親の先生とされる方が、なんか勢いで銀座のデパートで買ってくれたのです。
背景から推測すると、絶対よいお値段のものです。
にもかかわらず、今思うとラフに使っていたなぁと。

nike_r3.jpg

さて、
時は流れ、ついに自分の子供がランドセルを必要になる時代がくるわけです。
改めて調査してみると、15万とかするものがあったり、3万くらいのものもあったり。
人気のあるのは前年の夏くらいにはゲットしてないとダメだということも知りました。
とりあえず、祖父という大スポンサーだけ確保して、どんなのにするかは検討を続けたわけです。

老舗鞄屋みたいなところが真摯に取り組んでるシャレたランドセルもいくつかあり、そんなのがいいのかなぁと思い始めていたのですが、すでに小学生をもった知人なんかに色々聞いて回ると、
男の子は、あんまり良いやつ買ってやっても、雑に扱うだけだよ的な意見があがり、「軽くて雨に強いのが一番」なんてところの話に落ち着くのです。
なんか自分にもすごく心当たりあります。
うっかり買おうとしてたのって、みんな「今の感覚での欲しい」もので、完全に満足の対象が自分でした。

nike_r4.jpg

だからといって、せっかくスポンサーいるのに、そこらの安売り系はよろしくない。
そこでNIKEです。
結構売り切れてしまうくらいの人気らしく、それでいて結局は革だとかの部分での追求ではないので、モノとしての上等度はほどほど。
いざラフに扱われても、そこまで心はかき乱されません。
なによりも、NIKEのランドセルであるというふざけた点もグッド。

nike_r5.jpg

お値段は7万弱くらいでしたか。
1年1万くらいですかね。

色は、カタログの時点で子供に選ばせてのコレだったのですが、
他もどれもこれも、正直イマイチかなぁ。
2015年版は。

もし、来年狙っているとかの人のために購入のプロセスを残しておきます。

ボクの買った時、とりあえず前年2014年の販売実績みたいのを色々調べていくと、小田急のオンラインショップでの取り扱いや、イトーヨーカドーでの予約の情報などが拾えました。
そこで、近所の大きめのイトーヨーカドーに電話してみると、「おそらく6月頃に予約開始となる」みたいなことを教えてくれました。
その後、ネット見てたら、別店舗のイトーヨーカドーで予約開始したとかいう情報確認したので、ボクも電話した店へ行ってみると、取り扱いのポスターがあり、そのまま予約したわけです。
聞くところによると、やはり販売数限定で、同時に支払い済ませないと予約できなかったので、受注生産みたいな形と言えるでしょう。
受け渡しは9月半ばでした。

つまり、5月くらいから張り付いて、予約を済ませてしまうという方法しかありませんね。
うちは、再来年に二号が入学なので、もしNIKEにするならば来年の5月くらいには、押さえにいかないとならないわけです。

ちなみに今や、NIKEどころか、アディダスとかプーマもランドセルを出してます。
通学はつまりスポーツなんですね。

twitterに投稿する

TO TOP