ホーム > > タヒチ漫遊記・10 「ボラボラの食事」

タヒチ漫遊記・10 「ボラボラの食事」

今回の旅行のプランでは、ボラボラ島での滞在ホテル「ル・マイタイ・ポリネシア」での朝夕食が付いていました。
逆いうと、自分でどうにかするのは昼食だけ。

朝はフロント近くのカフェでビュッフェ形式のモーニングが用意されていて、夜は時間になるとビーチ脇のレストランがやっているので、そこに行けば食べられるようになっています。
チェックインした日は、何がなんだかわからずに夕食の時間になってしまい、「レストランに行けば何か食べられるらしい」という情報だけを頼りにレストランへ行ってみました。

ちょこっとコーコク

オーブンテラスぽくなったビーチ脇のレストラン敷地内に足を踏み入れると、
南国調の明るいドレスを着た給仕のオバチャンがニコやかに声をかけてきます。
「ボンソワァ〜」
う...。
反射的に愛想は返せるのですが、結局口にしてしまうのは「ハロー」
なにしろ頭で待機していたのは、昼の挨拶「ボンジュール」だったり、タヒチ語の「イアオラナ」でしたので。

さて、
席に通され、メニューをながめるわけですが、このメニュー、当然フランス語で書かれています。
これは本気でチンプンカンプン
ただ、幸いなことに、各メニューの説明のところは英語で書かれていて、それが何系のどんな料理かというのは、なんとなくわかりました。あくまで「なんとなく」。

先にも書きましたが、ホテルで食事が付いているということ以外、システム面のことは全く知りません。何をどこまでが「食事付」の範疇なのかわかっていないのです。ツラーっと並んでいる料理名にも、値段はいろいろと幅がありますから、あるいは別料金のものもあるのではないかと思ってしまうのです。もちろん、せっかくの旅行ですからケチケチするつもりはないのですが、別に特別食べたくもないもので高くつくのは惜しいものです。

そんなわけで、メイン料理的なものを各1品ずつ頼み、あとはビールやらの飲み物、そして食べたくなったら後でデザートは追加でもすればいいか、てな感じにしました。

ホテルにチェックインした翌日のことですが、
現地のツアー会社から部屋に電話がありました。
無事にチェックインできたかとか、問題はなかったかとか、という確認の電話だったわけですが、ついでにここのレストランでの注文方法を確認してみると、どうやら料理の値段は関係なしで「前菜」「メイン」「デザート」の各項目から好きなものを1品ずつチョイスできて、飲み物だけは別料金になる、ということのようなのです。
要するに、前夜は「前菜」「デザート」は頼んでもよかったところを頼まなかったということになります。
そういえば他人様のテーブルは随分と派手でした。
そーかそーかとばかりに、その夜以降はしっかりと注文してみましたが、やっぱりボリュームが凄くて、デザートあたりは残すことが多くなってしまいました。

一応当初の企みとしては、みんな同じところで食べるのはツマランので、どこか他へ遠征して食べられたらとも考えていたのですが、結局は日程の間の朝夕はすべてホテルのレストランで食べることになりました。味も悪くないし、種類色々あるし、お金かからないし、ホテルの近辺で他にやってるレストランもあまりありませんし。
ま、おかげで「ゆっくり」と滞在できた感じがするので良かったように思います。

で、肝心のお味の方ですが、
これ率直に言って、結構おいしいです。
チキン系はパサパサでイマイチでしたが、魚の方は割とイケます。
やはり海ものの方が断然おいしいですね。
お土地の料理としては、「ポワソン・クルー」という、マグロの刺し身のココナッツミルクで和えたものや、マヒマヒという白身魚をソテーしてものなどが評判のようです。暑い土地のせいか、さっぱりしているものが多い感じですね。
→写真は、マティラ岬に行く途中のルロットで買ったマヒマヒのランチです。おいしかったです。箸もスプーンもくれませんでしたけど。

ボクの中での海外旅行はどうしてもアメリカ圏のイメージになってしまっていて、少し警戒心が高くなってしまうのですが、タヒチではアメリカみたい絶望的にマズいものとは遭遇することなく、ちゃんといただけました。
このホテルの料理に限らず、タヒチ全般にいえることですが、味付けもドギツクなく、全体的に薄口の方のようでしたので、おそらく多くの日本人の人も好感をもつのではないでしょうか。

twitterに投稿する

コメント(6)

実は私もハネムーンはボラボラでした。
タヒチ漫遊記、二人で楽しく拝見しております。
妻(ミーシー)がまた行きたいと騒ぎだして大変です。

たた | 2006年3月15日 17:14 |返信

あ、ご無沙汰です。

なんとボラボラハネムーナーだったのですか。
このタヒチシリーズは読んでる人いないのではないかと思いつつ書いてるのですが、少し更新意欲が湧いてきました。この先も長いかもしれませんが、どうぞお付き合いください。

それにしても、「ミーシー」さんとは凄いハウスネームですね。
ケンカしてもそう呼んでるんですか。

yone | 2006年3月16日 01:37 |返信

タヒチ漫遊記楽しく読ませていただきました。あさってからルマイタイポリネシアにお世話になるのですが、情報が少なかったので助かりました。2週間ほど前に申し込んだのでなんの準備もできず…こちらにたどり着いてちょっと安心しました。ありがとうございます!!

MM | 2006年3月23日 13:07 |返信

こんばんは。

明後日からボラボラとは楽しみですね。
少しは参考になってよかったです。
マイタイポリネシアの人たちはとても親切でしたよ。

また、お帰りになったら感想聞かせてください。

yone | 2006年3月23日 22:27 |返信

戻ってきました。海きれーで感動です!
ファアアで「Mさんはちょっと違うのであとで説明します」と仲間はずれになりましたが、漫遊記読んでいったので悲しくなかったです。 
上記の「箸もスプーンもくれませんでしたけど」を読み飛ばしていたので、なんだかインド人みたいに手で食べました。とほほ。 
これからも時々ジャーナルのぞきますね。
ではまた。

MM | 2006年4月 6日 09:53 |返信

あ〜、よかったですねぇ。

明日あたりにタヒチの続編はアップします。
ボラボラ島出てからも色々ありますので、よかったらまた見に来てくださいね。

yone | 2006年4月 6日 16:44 |返信

TO TOP