ホーム > > タヒチ漫遊記・2 「買っておいたもの」

タヒチ漫遊記・2 「買っておいたもの」

出発直前までバタバタとやっていたのですが、
何しろ1週間もの旅行ですから、それなりに準備が必要です。

日本を出てしまう前に買っておいたものを紹介しておきます。

ちょこっとコーコク

まず「地球の歩き方
ベタですね。
しかしタヒチ情報の本というのが、意外なことにコレ以外はほとんどありません。しかも、「地球の歩き方」ですら、タヒチだけではなくイースター島などの他の場所と一緒になってるくらいです。一本立ちしている本なんてほとんどないと言ってもいいかもしれません。
ただ、 後になって思えば、なるほどと納得。
狭い島なので地図も簡単ですし、飲食店なんかの数も限られてます。
現地に着いた時に旅行会社から配られた小冊子と内容的にもそんなに変わりませんでした。

それと「コンセントの変換プラグ
タヒチはフランス同様「Cタイプ」という丸いピンのタイプで、220V・60Hzです。
今回ボクが持っていた電源ものは、デジカメ電池の充電器2種と、写真取り込み用のポータブルHD(借り物:Buffalo Direct Station)の3つですが、そのいずれのACアダプターも220Vに対応していたので、変圧はせずにコンセント口だけを変換しているものでOK。300円もしなかったような。

それから、Cyber-shot T9用のスポーツバック 「SPK-THC
水深3mまで使えるデジカメ用の簡易水中ハウジングです。
これは実は、2年前にグァム行った時から考えていて、T9買う時もこういうスポーツパックがあるかないか、いくらかという点は大きい要素でした。
シュノーケリングは楽しみにしていたので、そこでバチバチと撮影してやろうという魂胆なのです。
量販店で10,000円くらいでした。
この種のものにしてはとてもリーズナブル。

あとは「水中メガネ
これは出発前日に慌てて買いました。
一応はグァムに行った時にKマートで買った安っちいシュノーケルセットを持っていて、今回もそれを持って行こうと思っていたのですが、どうもボクの買ったこのセット、相当な粗悪品だったようで、顔に当たるゴム部分が変形してしまいビロビロ状態でした。これは購入早々からです。どうやっても隙間から水が入ってしまうので、今回メガネ部だけでも別のを買っていくことにしたのです。
シュノーケルのセットあたりは現地ホテルなどでも貸してくれるでしょうけど、持参できるものならした方がいいですよね。
くわえるわけですし。

で、馴染みのないダイビングショップに立ち入り色々と物色するわけですが、これがまた種類がたくさんあって迷います。店員のオッサンがいろいろと指南はしてくれますが、ほとんどデザインにしか目が向きません。
正直なところ、どれもダサい
そんな中、ふと目に留まったのが写真のモデルです。
一目見てトキメキました。
海女さんが使ってるやつだよ、これ!!
聞くところによると、クラシックなスタイルですが、パーツはシリコンなんかで最新仕様になっているのだとか。
店員のオッサンには「渋過ぎるねぇ」と言われましたが、これに決定。
6000円くらいしてしまいました。

そんなわけで後は心構えだけです。

twitterに投稿する

コメント(2)

本編はまだですか?
焦らされすぎて気がふれそうです。

ゴア | 2006年2月 2日 08:38 |返信

そんな簡単にふれないでください。

yone | 2006年2月 3日 09:32 |返信

TO TOP