ホーム > > タヒチ漫遊記・完結

タヒチ漫遊記・完結

本当に長いことダラダラと書きましたが、今回でおしまいです。

モーレア島へ日帰りで遊びに行った翌日は、帰国の日です。
恐ろしいことに、朝5時くらいにホテル・ティアレに送迎の車が迎えにくるとのこと。
前夜は早めにホテルに戻ったとはいえ、荷造りやらで夜遅くまで寝ることはできなかったので、かなりのネムネム状態。

ちょこっとコーコク

空港に着いてみると、すでに立派な行列が出来上がっていました。
どうも、出国手続きがやたらと時間かかるらしく、早め早めに列のお尻についた方が良いということでの早朝集合だったようです。
しばし忍耐の時間です。
そしてなんとか登場手続きを済ませ、タヒチを離れる絶望感と戦いながら、飛行機へと乗り込みました。
また11時間ほど飛ぶわけです。
行きと違ってテンションは下降気味ですから、それはそれは長く感じます。
さらには、行き時は「結構イケる」と思えた機内食が、信じがたいほどマズくなって登場してきたりして、ホントに憂鬱にさせられました。なんであんなに違ったんだろ。

やがて着陸です。
なんと滑走路には
ボクらの旅行中、東京にはたくさん雪が降っていたようです。
なんたるギャップ。

ボーっとしながら、まずは預けていたコートを受け取りに行き、せめてまだ少し贅沢しようとスカイライナーのチケット買って、携帯の充電池買って、ビール買って、そうやって次第に日本滞在者に馴染んでいったのです。
夢のような一週間はこうやって終わりました。
以降しばらくは、ため息で呼吸している日々が続きました。

実際ボクは、今現在も若干の南国ボケを引きずっています。
後遺症と言っていいでしょう。
ああいう旅行は、今後の人生でもなかなか味わえないかもしれませんが、そう決めつけてしまうと面白くもなんともないので、いずれまたボラボラに行くぞという気持ちを抱きつつ、生きていきたいと思います。
とかいって、次チャンスきたら、あっさり違うとこ行っちゃったりするのですが。

さて、楽しい旅行の締めくくり。
お土産についてです。
思い返すと、一番のお土産はコーラルガーデンの海底で、自分で選んだサンゴくんです。
結構カタチと色にこだわって、1つだけ拾ってきたものです。
もちろん死んだサンゴですよ。
子供っぽいですが、これが一番タヒチの土産って感じがしています。

また、売っているお土産となると、自分にはほとんど何も買っていません。
タヒチでは、バニラもの、ティアレもの、ヒナノビールもの。ココナッツもの、あたりを中心とした「いかにも南国」な感じのものが主なお土産となっていて、正直いうと、そんなに良いものはありません。ハワイグァムと大差ないと思います。
人にあげるには高過ぎるかもしれませんが、黒真珠とかパレオとかもよく売ってました。
ボクの場合は、その多くはカルフールで物色したりした、わりとしょうもないものばかり買ってきてしまったのですが、中にはナイスなものもあります。
そのマイベスト土産をご紹介しつつ、長々と続いたこの「タヒチ漫遊記」を終わりにしたいと思います。
あげた人の机に近づいても、未だに使っているところを見ていません。

→見る

twitterに投稿する

コメント(4)

改めて最初から全部読んでみました。

これ新婚旅行ですよね、ってくらい奥様のニオイを感じることが
出来ませんでしたがそれはまたそれで旅行記としての完成度を
高める要因だったのでしょう。しかし唯一?妻に向けられた記述がありました。

「ちょっと行ってくる」
映画アルマゲドンのセリフにもこんな感じのがあったと思います。
任務を全うする夫とそれを見送る妻。任務の内容がちょっと違うだけです。

お土産もいいですね。凄く欲しい…
ガダルカナルタカの結婚式の引き出物が『台車』
ってのを思い出しました。
ちょっと迷惑そうに台車を押して帰る姿が見たかったんですって。

全部面白かったです。凄く海外に行きたくなっちゃいましたよ。

オリバー | 2006年10月29日 01:00 |返信

長いのに、ありがとうございました。

引き出物で思い出しました。
自分の結婚式ネタも覚えているうちに紹介しなくては。

yone | 2006年10月30日 09:46 |返信

マイタイポリネシアで検索して以来はまってしまったyone
さんのサイト。とうとうタヒチ編が終わってしまいました。
実は私もサンゴの死骸をひとつ持ち帰ったことを思い出しました。どこにいっちゃったのか…今夜探してみよう。今後も様々な話題を楽しみにしています!

MM | 2006年10月30日 10:01 |返信

あらぁ、タヒチ終わっても遊びに来てくださいね。

yone | 2006年10月30日 13:32 |返信

TO TOP