ホーム > > タヒチ漫遊記・3 「タヒチ上陸」

タヒチ漫遊記・3 「タヒチ上陸」

出発の日がきてしまいました。
日本からタヒチに行こうとすると、エア タヒチ ヌイという航空会社の直行便を利用します。
今回ボクらは夕方の離陸だったので、成田空港にはお昼過ぎにでも入れば大丈夫です。当日ギリギリまで荷造りすることができたました。

いざ行くとなると、気になるのは格好。
もちろんこの時期東京はとても寒いわけですが、むこうは南半球で常夏状態です。到着すればTシャツ短パンでOKでしょうけど、成田まではそうはいきません。

ちょこっとコーコク

で、調べてみると、
空港のコインロッカーはせいぜい3日くらいしか預けられないのですが、ちゃぁんと「手荷物一時預かりサービス」のようなところが乱立していて、1週間、10日は問題なく預かってくれるようになっていました。値段は各店舗いろいろでしたが、1番安いところで1000円ちょっと。

さて、
東京-タヒチですが、時差は19時間くらいあります。一見凄くあるようですが、よくよくは「前日の5時間後」という感じですから、体的にもたいして負担ありません。
火曜日の出発だと関空経由で12時間強。
そして到着してすぐに国内線で30分のボラボラ島というところへ行くのです。

緊張と興奮の離陸も束の間、すぐに大坂に到着です。
また人が乗ってくるのでしょう。
ところがところが、なんとここで乗客全員一旦降りろというのです。
しかも手荷物も一旦すべて持って。
面倒くさ〜。

気を取り直して再離陸。
しばらくすると、食事になりました。
エアタヒチヌイの食事はマズいというような評判を聞いていたので戦々恐々だったのですが、これがまた全然アリです。もちろん、エコノミーの機内食ですから「所詮は」なのですが、全然食べられます。おいしいくらいです。

しかしながら、10時間超えの飛行機は久しぶりだったのですが、これはやっぱりシンドイですね。空港でルービックキューブ買って行ったのですが、2、3度六面できたら飽きてしまいましたし、フランス語会話系の本も見ててもあんまり頭入りませんし、寝ようにも狭くてひっきりなしに姿勢を変えなくてはならず非常に浅くしか眠れません。

そんなこんなと2度目の食事です。一応は朝食ということです。
前回同様、結構おいしく食べられたのですが、一点だけ謎の小皿がありました。
なんかヤケにピンクなのです。
ポリネシア料理でしょうか。
恐る恐る口に運んでみると、どうやら糸コンニャクのようです。それを梅干しっぽいものであえてあります。
ん〜。
ボクは梅干しNGなので、それ以上は食べませんでしたが、なんとも独創的。

さてさて、
不自由の限界を感じてきた頃、ようやくタヒチの首都パペーテにあるファアア空港というところに着陸となりました。
パイロットも上手上手。

タラップ降りて、タヒチの気温を味わいつつ、ぷらぷらと空港内に入っていくと、いきなりコミックバンド系の三人のタヒチアンが歌っていました。陽気。
そして現地のオネーチャンたちにティアレのレイをかけてもらったりして、すっかり南国です。

この後の入国審査ですが、そりゃもうビックリするくらい時間かかりました。
なんかノーンビリやってる感じです。早くも「タヒチ時間」の洗礼を受けたような気がしました。

で、外に出ると、
現地のサポート全般をやっているツアー会社(申し込んだところとは別)が、到着した日本人客を集め、両替の件や、この後すぐにボラボラ島へ行く飛行機の搭乗手続きのことを丁寧に説明してくれます。ここに集められた日本人たちは、申し込んだ旅行会社も色々ですし、プランもバラバラです。一括して説明をしている感じでした。次に降り立つボラボラ島の空港からホテルまで、そして3日後にまたこのパペーテへ戻ってくるのは自力になるので、そのあたりの説明は入念です。
戻ってきたらまたこの空港で出迎えるとのこと。
見渡してみると、オバチャン三人組というのが一組いただけで、あとはハネムーナーかフルムーナーがほとんどですね。

どうやら、ボラボラ島というのは空港自体が小島にあって、そこから各ホテルのお迎えの船が来ているようです。向こうではホテルの日本語スタッフが出迎えてくれるのだとか。

全部で20人くらいのツアー客がその説明を真面目に聞いています。
ふいに説明員が言いました。
「ヨネバヤシさんはいらっしゃいますか?」
「え? あ、はい」
突然みんなの前で名前を呼ばれました。
「ヨネバヤシさんたちはちょっと違うので後で個別に御説明いたします」
「へ?」
「ホテルからの迎えは空港ではなく別のところとなります。それと日本語の通じるスタッフはいませんので...」

twitterに投稿する

コメント(4)

何となく波乱がありそうで楽しみに読んでいます
でも、新婚旅行の頃が懐かしいです
NZだったのですけれど、新婚旅行に混じってフルムーンも居てそんな年迄仲良くできたらいいな〜とあこがれていたのを思い出しました
続編期待しています(^o^)

やじさん | 2006年2月 6日 21:03 |返信

さすがに寅さんルックでは旅行に行かなかったんですねw

ワタクシは訳あって新婚旅行無しでした。
そのあと旅行には行ってるんですけど、未だにちょっと引け目感じてます。
いつかは南の島、行きたいですね・・・

kyo | 2006年2月 6日 22:24 |返信

時差19時間ってハワイも同じですね。

僕の新婚旅行はハワイでした。英語力が中2程度なので
日本語の通じるところがいいかな…と思って決めたのですが
ハワイ島では日本語全く通用しませんでした。しかも当時
クレジットカード持ってなかったのでレンタカーも借りれず
往生しました。でも仕方なく参加したツアー面白かったな…

オリバー | 2006年2月 7日 00:48 |返信

寅さんルックはともかく、寅さんカバンは欲しいんですよねぇ。

yone | 2006年2月 7日 22:58 |返信

TO TOP