ホーム > Mac・パソコン > 円熟のiPhone

円熟のiPhone

サンフランシスコで、Appleの年次技術者会議「Worldwide Developers Conference」が開催されました。
WWDC2009というやつです。

もう何ヶ月も前から、日本時間6月9日午前2時からはじまる基調講演で新型のiPhoneが出るという噂になっていて、ボクもずっとこの日を待っていました。たぶん数センチ首が長くなったと思います。

ちょこっとコーコク

iphone3gs.jpg噂では、「薄くなる」「マットボディになる」「角張った感じになる」「林檎マークが光る」など、色々と出ていたのですが、実際に登場したのは、
なんとなんとの同型ボディ
一瞬、「えぇぇぇぇ!!」と衝撃を受けてしまいました。
寝ボケていたので、夢なのか現実なのか、わからないくらいです。

名前も、「iPhone 3G S」ですと。
そーかそーか。そーきたか。

微妙にガッカリしながら細かな仕様を確認すると、なんとなく色々と落ち着いてきます。

【スピードアップ......すべての動作が約2倍】
現行iPhone 3GはiPod touch(2nd)よりも遅いですからね。
あのOSを動かす上では、もうちょい速さが欲しいところでした。
クロックスピードなどの詳細はわからないのですが、iPod touchよりもさらに速くなってくれてることを期待しちゃいます。

【カメラが強化......AFと動画】
300万画素+オートフォーカス+動画撮影が可能になりました。
て、いつの時代の話してるのかって感じもありますが、ようやくiPhoneもそうなったのです。
センサーはCMOSのままかな。
写りの方はどうでしょうね。

【音声認識......電話、音楽再生etc】
まだ、日本語が使えるのか知りませんが、音声によって電話かけたりできるそうです。実用レベルかってところも注目ですが、なんかこれは良い予感します。
どうせしゃべるのだから、そうやって電話かけらけるようになってもいいかも。

【電子コンパス......北枕防止】
あれば面白い使い方もあるのでしょうね。
Google Mapと連動してヘッドアップするみたいです。

【NIKE+対応......センサー搭載】
やっときたか。
実はこれもiPod touchに劣っていたところです。
ようやくiPhoneでもNIKE+が使えるようになりました。
何気に嬉しい要素です。

あとは、電池の持ちがよくなったようです。
ただ、通話の関するバッテリー消費はGSMのみ長くなり、3Gは変化なしなのだとか。

容量は32Gと16Gとなりました。
ただ、旧モデルの8Gだけは併売で残すようです。引き続き叩き売りされますかね。

ソフト面では「iPhone OS 3.0」の正式版が17日から配信されるようで、いよいよ待望のMMS対応が現実のものとなりそうです。
どうもSMSのソフトと同じようにチャットの吹き出し風ぽい気配ですが、MMSが使えるということ自体の歓喜の前では少々のことではへこたれません。
OSですから、旧モデルでもアップデートすればMMSが使えるようになるんでしょうかね。@i.softbank.jpが付与されたユーザーはどうなるのでしょう。IMAPメールも便利だって人もいるでしょうし。

それから、これも今更驚かれるかもしれませんが、今まで「カット、コピー & ペースト」というのが出来ませんでした。
これがiPhone OS 3.0から使えるようになります。
こんなの嬉しがるのもヘンですが、とりあえずよかったですね。

さてさて、
同ボディのままアップデートってノリは好きではあったのですが、iPhoneはもうちょっとだけ薄くなる段階があると思っていたので、ほとんど変更されなかったことに衝撃を受けてしまいました。しかも少しだけ重くなってますし。
しかし、よくよく考えると、Appleが一度出したモデルを一代限りでモデルチェンジするなんてことを期待してた方がどうかしているかもしれませんね。

ボクが去年、iPhone購入スルーを決断した時よりも、OSもサービス面も劇的に良くなりました。
日本の携帯と比べて、カタログスペックだけ見比べたら勝っているところはあまりないですし、今この形を見ても新鮮味はゼロですが、熟したなぁという印象です。
これが去年の段階で出ていたら、もっともっと旋風だったと思うのですが。

6月26日に発売だそうです。

twitterに投稿する

TO TOP