ホーム > Mac・パソコン > 今年も新型iPhone登場

今年も新型iPhone登場

思い起こせば一年前の今頃、サンフランシスコで開催された『WWDC2009』というイベントでiPhone 3GSが発表されました。
そして今年のWWDC2010では、新型のiPhoneが登場すると目されています。
新型ったって今度は新筐体ですよ。

ちょこっとコーコク

今回は、新型と予想されるiPhoneの画像やら動画が、結構あちこちで流出していたので、見た感じはまさにあんなのが登場するのでしょう。

検索すればすぐ出てくるし、やがて本物も出るわけですから、ここには画像は掲載しませんが、感想だけ言うと、結構ボクは好みでした。

背面がフラットで、全体的に丸みが抑え気味になった印象で、どことなくiPhone 3G系が登場する前に『想像図』みたいに出回っていたウソっこデザインが現実になったようにも見えます。
逆にいうと、今のアップルの王道的なまとまりとも言えそうですから、斬新とは言えず、つまんながる人もいるかも。

機能面では、画面解像度が上がるらしいのと、カメラ性能がアップするらしいところが、パワーアップのポイントでしょうか。
まぁ良くなるには越したことないですが、動作に影響するとなぁ。

ボクが現行iPhoneを一年近く使っていて、OSではなく、ボディそのものの部分に「こうだったらなぁ」を感じるのは、なんといってもまず「防水」。そして次に「おサイフケータイ」です。
しかしその両方とも、アップルの方に期待するのは夢のまた夢。
そこで現実的に考えてみたところでは、やはりサイズでしょうか。
画面のサイズはいいのですが、ボディ自体があともう少し幅が抑えてくれたななぁと感じます。
デカイですよ。やはり。
あと重さの方も、もう少し軽くなればなぁなんて。結構ずっしりなんですよね。

新型の噂だと、少し薄くはなるみたいですが、重さは3g重いとかって情報も見かけました。ちと残念。
ま、いずれにしても、ボクはまだまだ本体の割賦も残っていますし、今回は眺めているだけです。どちらかというと、秋のリリース予定のiPhone OS4.0の方が待ち遠しいです。

さてどんなのが出てくるのでしょう。
同時に、新しいMacBook Airとか、iMacマイナーチェンジとかも出そうですね。
ジョブズによる基調講演は日本では8日午前2時から。

寝てるな。

twitterに投稿する

TO TOP