ホーム > 無駄話

一ヶ月以上の放置でした。
色々と準備はしていたのですが、書きかけのまま、疲労と睡魔に負けて今日に至ったわけです。
いや、もっと正確な言い訳をすると、ボクが普段更新に使っているiMacは、木造三階の小さな部屋にあり、その部屋にはクーラーがなく、夜中でもとんでもなく暑いのです。30分もいれば具合悪くなるような感じ。
言い訳がましくも、ついに少し気温が下がった為、このところのダイジェストです。

ロンドンオリンピック

夏のオリンピックって、ボク自身もっと楽しみして生きていたような記憶あるので、自分でも驚くほど「見逃し」の連続でした。 ニュースで知ることばかり。 そんな中でも思ったのが、前回の北京と今回のロンドンの間は、世界的にもちょうど五輪のスターというものの世代の交代期だったのかなぁと。 逆いうと、次回のリオになると、出てくる選手にもなんだかアリガタ感が出てくるのかもしれません。

それにしても、メダルという点では史上最多なんでしたっけ。
そんふうにも思えなかったけど、とりあえず今まで強かったとされる柔道とか女子マラソンが散々だったわりには、凄い結果でしたね。
本気で驚いたのは、寺川綾、女子バレー、ボクシング村田。

ネットで話題になっていたので、ほんの軽い気持ちで見てしまったのですが、
ホントに気分悪いものでした。

「小学生に喧嘩をうってみた!」とかタイトルが付いた動画です。
YouTubeやニコ動やらにたくさん上がってます。

概要としては、中学生くらいの男が、ランドセルを背負った男の子に後ろから意図的ぶつかり、「おい、痛ぇよ」とばかりに恫喝し、その小学生に「ごめんなさい」と謝らせた上に、最後は泣かせてしまうというものです。

ゲスな人間はいるものですが、それを面白がって動画撮影し、ネットにあげる精神性は、やっぱ飛び抜けて下劣ですね。

404

いきなり重い話ですが、先日友達が死にました。
バイクの事故だそうです。

中学の時の同級生の女性で、そこそこ親しく話せる人物でした。
いや、それでも実際に会ったのはもう2年ちょっとくらい前になりますかね。しかし彼女はFacebook、twitter、blogと片っ端から熱心にやっていて、わりと色々と発信していたので、それとはなく彼女の生活ぶりは知っていました。
特にFacebookに関しては、自分から欲しなくとも、更新した『友達』の情報とは入ってくるもので、つい先日も彼女が4歳の男の子連れてどこかへ遊びに行っただとかいう内容は、ほのぼの見かけたりしたわけです。

それがある日の昼過ぎ、別の友達から電話があり、彼女が昨夜、仕事帰りにバイク事故で死んだのだというのです。
ウソだろと。
慌ててFacebook見てみると、人の書き込みなどに何かそういうザワザワした感じか残っています。
さーっと、鳥肌が立ち、頭も真っ白になりました。

そして再び3月11日

311.jpgちょうど1年前、新しいiPadが出た的なエントリーを残した数日後、例の東日本大震災が起こり、そしてしばらくは震災モード突入でした。
今年もまたiPadが出て、そして3月11日を迎えるわけです。

あっという間ではあるのですが、この一年はホントいろんなことがあり、印象深いです。
天変地異ってこれなんだなと。

震源に近い地域はまだまだタイヘンだと思いますが、東京に住む限り、いろいろなことが落ち着いてきたかのような感じのところはあります。
ただ、東日本大震災以降の余震って7000回以上あったとのことで、未だに時折大きめの揺れがあると「いよいよか」と身構える感じのところもなきにしも。
いずれにしても、何年かのうちに東京都に直下型がくるという話なので、一定の緊張感は持ったままのがいいのかもしれませんね。
疲れますが。

まぁしかし、来るかもしれないという直下型地震より、福島第一のぶっ壊れた4台に刺激を与えてしまう大きめ余震の方が目前に迫っている危機です。
特に4号機。

au_s.jpgいや、auのロゴ変更には驚きました。
一瞬、awとか読みそうになってしまいました。
auって『オシャレに思わせたい』ことに熱心だったはずですが、これはオシャレなのか。
筆記体って、今は英語の授業でやらないようなので、これデザインした人はイイ歳なのかもしれませんね。

kbqb.jpgまさに昨日、マクドナルドへ行ったのですが、別に気にするでもなくこの「KBQバーガー」というのを食べました。
甘くて少し辛くて、なんとなく韓国調な味です。
別にまた食べたいとは思いませんでしたが、まぁマズイってものでもなく、なんとも思いませんでした。

ところが、このKBQバーガーについてオモシロイ話が出回ってました。

通常をレベルグリーン
やや警戒をレベルイエロー
もうちょい警戒をレベルオレンジ
非常事態をレベルレッド

とした場合、今日は少しレベルオレンジの気分です。
何がって、原発と地震です。

いつも何度でも

9月11日といえば、例のニューヨークのテロが忘れられませんね。
10年前だそうです。
あの時は確か、板橋区赤塚のおふろの王様のサウナの中のテレビで、ニュース追っていたように記憶しています。

今回の911は、日本にとってはまた別の意味合いもあります。
例の東日本大震災から、ちょうど半年。

終末のまつり

23日には、隠れた大ボスの「もんじゅ」の落下装置引き上げが実行されます。
今回の福島第一の事故により、多くの人が原子力発電に注目してしまい、それまで事の重大さの割に報道がされてこなかったもんじゅの炉内中継装置落下事故ですが、昨年8月に落っことして以来、24回だか失敗していて、今回も色々と準備整えているにもかかわらず、「たぶん失敗」が予想されている超難物です。
しかも、毎日5500万の維持費がかかってるのだとか。
どーしようもないですね。
福島の事故がなくても、こちらが何か起こっていたのではなんて話です。
人によっては23日の今回、ちょっとした「覚悟の日」と唱えてます。
もぅ、ホントに原発たまらんです。

それにしても思うのですが、
こういう原発の危機が続いて、日本そのものが窮地に追いやられ、それこそ半年後はどうなっているかもわからない中、テレビなどの世界では半分そうでもない顔しながらも、やはり終末的な活動が見られたりします。

このところ、かなり忙しい日々を送っていて、『夜帰って子供お風呂入れて寝るだけ』というような感じで、放射能のことも日に数分しか考えない日が続いてました。
土日なんかも、人と会ったり、家の中掃除したり、パソコン再インストールしたり・・。
無論、状況把握しとかなきゃと焦る気持ちもあったのですが、考えなければ考えないで、相当楽に過ごせます。
現実逃避モード。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

TO TOP