ホーム > 携帯電話 > mirumo 934SHプチレビュー・上

mirumo 934SHプチレビュー・上

先日、ワイフがSoftBank mirumo 934SHという携帯に機種変しました。
2年半ほど前にSoftBank移籍とともに買った910SHからの機種変です。

ちょこっとコーコク

そもそも、もうワイフは携帯電話にはほとんど興味がなく、何が欲しいというのは全くありません。単に、910SHの電池がダメ(2年半で3個目の電池交換)になったというのと、少しくたびれてきたかなという点で機種変を意識しはじめていたのです。

ボクが今回のSoftBankの2009夏モデルのラインナップを見て、「これなら買ってもいい」とGOサインが出せるものが3つあったので、はじめて「このあたりの携帯どお?」と写真を見せた感じです。
3つとは、「mirumo 934SH」「THE PREMIUM WATERPROOF 935SH」「SOLAR HYBRID 936SH」。
要するに、防水でカメラがCCDてわけですね。
意外と待望なのです。

934sh_1.jpgワイフは、そういった細かな仕様は全く考えず、「mirumo 934SH」が良いと言い、そしてシッョプで実物を見て、そのまま機種変決定となりました。

さて、ボクが絶対条件のようにしていた「防水でCCD」という点は置いておくとして、この934SHの大きな個性というのはもっと別のところにあります。

背面パネル部にサブディスプレイとして搭載される「メモリ液晶」なんてのが付いているのです。

昔は、液晶といったら、デジタルの腕時計の如く当たり前に常時点灯していたものでしたが、近年はサブディスプレイには低電力の有機ELを採用する傾向が多く、つまりは「ボタン等を押さないと表示されない」というものでした。
技術的に先進であることで、何か言いくるめられたような不便さだったわけですが、今回使われている「メモリ液晶」というのは、有機ELよりもさらに低電力(約500分の1)で、
常に表示されっぱなしを実現しています。
表現力はモノクロなので、少し劣るところもありますが、サブディスプレイなんて、ほとんど時計替わり程度の役割なので、見た時にいつも表示されているというのは何よりも快適なことです。
シャープは「電子ペーパー的な特質」と説明しています。

機能としては、「時計」「カレンダー」の他にも「メール」「歩数計」「UVチェッカー」「おサイフケータイの残高」「メモ」「S!速報ニュース」など、わりと色々な表示に対応しています。
着せ替えカバーのように、単なる柄のようにもできますし、前面ミラー状態で「簡易ミラー」としての表示も選択できるようになっています。

このメモリ液晶、昨今の携帯の新機能としては、やや幼稚っぽい感じかなと先入観があったのですが、実際使ってみると、今後スタンダート化される気配すら感じられました。
934SHのように全面がメモリ液晶である必要はないと思いますが、これまでの有機ELのサブディスプレイならば、すべて置き換えてもいいのではないでしょうか。
ミラー気味なのでデザインアクセントとして化けさせやすそうですし。

さてさて、今回は「mirumo 934SHプチレビュー・1」としてあるので、続きがあることはおわかりかと思いますが、こんなプチレビューの続きを待たずとも、もし購入の気持ちがあるのなら、迷わず買ってもいいかもしれません。

今現在912SHを使っているボクの実に個人的な意見ですが、シャープという括りながら、この携帯の完成度の高さは最高レベルではないかと思いました。
ぶっ飛んだ技術は感じられないのですが、どの機能も必要十分でまともな大人なら2年は不満ないのではないでしょうか。

細部はまた次回

twitterに投稿する

トラックバック(1)

2、3ヶ月前から携帯の電源が勝手に落ちるようになり、そろそろ変え時かなーと思っていたので 先日ヨドバシカメラで934SHに機種変更してきました。 ... 続きを読む

独身SEの世迷言 改め 既婚SEの乱文 | [雑記] SoftBank 934SHに機種変更 | 2009年7月23日 00:16

TO TOP