ホーム > 携帯電話 > iPhoneの木製カバーが届きました

iPhoneの木製カバーが届きました

iphone_wood1.jpg

iPhone 4S発売とほぼ同時期に注文してあった木製カバーが届きました。
正式には、Hacoaというブランドの「Wooden Case for iPhone 4」という商品です。
これはiPhone 4の時に発売されたもので、かねてより目をつけていたものです。

ちょこっとコーコク

iPhone_wood2.jpg

最初は11月下旬になると連絡があったのですが、前倒しで届きました。

もともとボクは、iPhoneでもiPod touchでも、あまりカバーは付けたくないと考えていて、シリコンカバーなどでゴッテリと分厚くさせてしまったらiPhone本体のデザインが損なわれる気がしてました。
カバーも結構値段しますので、そんだったらApple Careにでも加入して、裸でバシバシ使うのが良いのではないかと。

ですが、iPhone 4からの現行の筐体のものは、平たいので薄めのカバーもたくさん出ていますので、なんとなくアリかなぁと思うようになりました。
で、この木製カバーです。
種類としては「ウォールナット」というやつです。

iphone_wood3.jpg

届くまで、仮のつもりで1000円ちょいで買ったカバーに比べると、結構分厚めです。
これは木製となると仕方ないですね。

早速装着してみました。

iPhone_wood4.jpg

あたりまえですが、ピッターリです。
いい仕事してます。

サイズはおお大ぶりになり、厚さは前の3GSみたいな印象ですが、手触り、質感は格別。
ちょっとボリュームボタンとかは奥まってしまうので、使いづらいかな。

iPhone_wood5.jpg

木製カバーといっても、いくつかのメーカーから出てます。
そのうちこのHacoaのものは抜群の出来です。

実は、iPhone 4とiPhone 4Sは、全く同じボディのようでうでいて、サイドのボタンの位置が少し違います。
厳密には、iPhone 4のうち海外で後発したCDMA版と同じなのです。
なので、カバーによっては4のものは4Sに使えないものも出てきます。
この点不安だったので、注文前にHacoaの方へ質問してみたところ、「手元にiPhone 4Sがないので、未検証」とのこと。
しばらく様子見することにしたのです。

でiPhone 4Sの発売後、Hacoaから「4Sでも使える」との連絡をもらって注文にいたったわけです。

さらには、本来ですと、この木製カバーの裏面には「Hacoa」のロゴが刻まれているのですが、そのロゴなしで注文をさせてもらいました。
ブランドロゴを外してくれというのはプロダクトのアイデンティティの部分で、たいへん失礼なことですが、どうしてもiPhoneにはプレーンなものが欲しかったので、無理にお願いしてみました。
すると、刻印のサービスと同等の別料金で対応してくれれるとの連絡もらいました。
「何も入れない」ことが別料金となるわけですが、特注という意味では当然のことですよね。
お値段は、本体そのままが「6,500円」くらいで、プラス別料金1.000円だったかな。


というわけで、まさに理想どおりの木製カバーが手に入りました。

twitterに投稿する

TO TOP