ホーム > ラーメン > ラーメン報告書105「大勝軒 七福」

ラーメン報告書105「大勝軒 七福」

池袋の西口、ビックリガード入り口付近の、角にセブンイレブンがある裏通り沿いです。駅からくるとメトロポリタンプラザビル裏くらい。
名前のとおり、例の東口の大勝軒の暖簾分けさけているお店です。ロサの方にある七福神の直系だとか。
なんとなく食べてみました。

ちょこっとコーコク

店に入ると、カウンターとテーブルが数卓あり、スペース的にはまぁよくある程度の大きさです。大勝軒系となると、少し雑然としたイメージもあるのですが、ここは至ってノーマル。

メニューにあるのは、「もりそば」「あつもり」「野菜もり」…みたいな、大勝軒のラインナップそのままです。
今回ボクは、つけだれに生卵が入った「なまもり」だとかいうのを注文しました。

そして、つけ麺到着。
大勝軒イズムとでもいいましょうか、相変わらずのボリューム感です。麺の太ささ、ツヤなんかだけで判断すると、この時点であまりおいしそうには見えません。
つけだれに箸をつっこんで味見してみました。
ほうほう、結構甘いですね。うん、甘い。
早速、ずずずず…
ん? あれ? 思ったよりおいしい。
少し油っぽい感じがあるのは、つけめんとして仕方ないとして、あんまり酸っぱくないのが意外です。それでしかも、甘さがやわらぐ程度の太麺ですから、適当にバランスがとれています。
麺については、おなかに溜まりそうなしっかりしたものですが、モチモチ感とかはあまり感じませんでした。寸評させる特徴も少ない印象です。
具は、麺と共にかき込むのに適当な柔らかさで、全体的には悪くありません。生卵入りを頼んだので当然生卵は入っていましたが、それとは別にハーフゆで卵が入っていました。生卵を崩してからは、甘さも少しマイルドでおいしくなった気がします。

つまり、総括としては、結構アリ。
特に滝野川の大勝軒よりもずっとおいしく思いましたし、柔道部じゃなくても最後まで食欲維持できるような、ほどほどボリュームになっているのが好印象です。
ただ、念を押しておくと、「大勝軒の中ではうまい」というような感じとも言えますので、あれ系が好きじゃないという人はその域を超えないかもしれません。

■大勝軒 七福
住所 豊島区西池袋1-3-5
営業 11:30〜23:30

もりそば・・・650円
なまもり・・・700円
マイ評価★★★☆☆
twitterに投稿する

TO TOP