ホーム > ラーメン

この「純連」ですが、「すみれ」と読む店と、「じゅんれん」と読む店とがあります。元は同じなのですが、今は別の店舗として存在しているようなのです。カップラーメンが出たり、ラー博に出店してたりするのは「すみれ」で、今回ボクが食べたのは「じゅんれん」の方です。高田馬場駅から早稲田通りを山手通り方面にとぼとぼ歩いていくと右手に現れます。ウッド調。

 博多で食べた最後の一杯です。
場所はちょとうまく説明できないのですが、地下鉄の天神駅からですと、15分近くかかりそうなところです。(すぐ近くにスーパー銭湯の「ゆの華」や居酒屋の「ざうお」がありました)
 ここは各方面の方々にラーメン屋情報を聞いて回った際に、何度か名前のあがったお店です。狙っていたわけではないのですが、成り行きで近くに行ったので、アタックしてみました。

 以前ご紹介した「仕切りのある」ラーメン屋、一蘭の天神店です。場所は天神の駅のすぐそば、スターバックスのある通りからちょっと路地に入ったところです。ちょっとこじんまりした感じです。
 店内に通され、まず思ったのは、テーブルなんかの各所が歳を食っている感じであるのと、仕切りサイズや椅子の後方のスペースなどの広さでしょうか。結構狭いですね。

川越街道、成増と赤塚の間くらいの位置で、赤塚新町3という信号から少し赤塚方面に進んだあたり。少しレトロ調にしたようなキレイ目の店舗です。

 ちょっと時間がなくて、報告が遅くなってしまったのですが、これは博多へ行った時に食べたお店です。上陸して最初に食べた地元ラーメンということになります。場所は大丸デパートの真向かい。大きな通り沿いにありました。ここはガイド本にも載っていましたし、地元に住む友達も候補のひとつとして薦めていました。

ラーメンなんぞ食べてられない酷暑ですが、こないだ雨の日に食べてきたところを報告します。
場所は池尻大橋です。246を三軒茶屋方面から来て「三宿」交差点を左、さらに「三宿池尻」交差点を右に行った右手にあります。モダンとでもいいましょうか、外観は結構おしゃれ目なお店で、店内はカウンターのみです。

例の佐野実「支那そばや」ののれん分け店です。池袋駅西口を背に要町方面向かう通り沿い。少し歩いた右手にあります。
実はこの支那そばやのラーメンは食べたことがなかったので、いずれは本店かラー博かに行かねばならないなぁと思っていたところ、渡りに船的に池袋店が出店してくれたわけです。しかし、6月下旬のOPEN以来何度か店の前に行ってみたのですが、実際やっている時間がかなり短く、なかなか食べるチャンスがありませんでした。

かなり久しぶりに行ってきました。
ここのラーメン、シンプルな味わいでとても気に入っていたのですが、回を重ねるごとに「そううまくもないかなぁ」という印象になっていき、かなり足が遠のいていました。

店は相変わらずの様子で、オバチャンも健在です。
基本の「ラーメン」を頼みました。
登場したどんぶりを見て、まず思ったのがネギの違いです。昔はもっと細かいネギがどっさり入っている感じでしたが、今回は割とザク切りのネギが適量浮いているという感じです。その他の具の顔ぶれは一緒ですね。
スープ・・・ん?悪くない。ひっかかりのない素直なうまさです。昔よりも甘味がおとなしくなった気がします。
麺・・・これは記憶よりもずっと細い麺でした。昔からこれくらいだったのかの記憶が曖昧なのですが、ボクは好みです。
具・・・これはダメですね。チャーシューは柔らかいかもしれませんが、醤油漬けのような単純な味です。メンマは立派なサイズの割に味があまりありません。ゆで卵も今どき珍しいくらい普通のゆで卵です。どれもとりたててマズイというほどのレベルではありませんが、やっぱり食べていてもときめきのない感じがあります。

さて、最新の総括。
ボクの舌ががラーメン巡りによって幾らか肥えてしまったのかもしれませんが、やはりうまいラーメン屋の第一集団というところにはいない感じです。一時に比べて実際に味も落ちた感じもありますし、客の入りも「普通」です。店のオバチャンもがつがつと商売している感じでもありません。どことなくのどかなのです。
しかし繰り返しになりますが、これくらいのラーメンが600円だったら、そうそう文句は出ないのではないかと思います。

はるばる訪れるようなお店ではなく、「近くに居た」というのが前提で、ちょっと寄っていくというのが正しい気がします。
実際ボクはそういう感覚で立寄り、それなりに満足できました。

板橋区の高島平近辺にあります。高島通り沿い、西台の駅の近くの西台駅南交差点をもう少し高島平に向かったところ。ヤクルトにいる戎と同じ漢字で「えびす」です。
ここは和歌山ラーメンです。
これ実はボクの嫌いなご当地ラーメンNo.1なのです。といっても、まだうまい和歌山ラーメン店にあたってないだけですが。
ここは割と評判がいいようなので、「今度こそ」の意味を含めて行ってきました。

今回は変り種です。
サッカー日本代表柳沢敦の父君が経営するラーメン屋「8番らーめん」です。もちろん富山県。親戚に住所を教えてもらい、行ってきました。

行く前からわかっていることですが、ここは今まで報告してきたラーメン屋とは別軸上にあるお店です。北陸方面にいくつかあるチェーン店のうちのひとつ。麺を打ち、スープに何時間も時間を費やし、それらがなくなったら閉店、なんてお店とは全く別と思われます。だからウマイマズイを語ること自体無意味なのです

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

TO TOP