ホーム > ラーメン > ラーメン報告書057「万人家」

ラーメン報告書057「万人家」

新潟市内にあるラーメン屋です。事前にネットで情報収集していきました。JR新潟の南口側(スタジアム側)ですが、車でないと行きづらいでしょう。

ちょこっとコーコク

チャーシューメンをたのみました。
ここはとんこつベースの醤油ラーメンのようですが、いわゆるとんこつ醤油と言われているものとはちょっと違う感じで、スープは意外と澄んでます。しかしそのスープを確認する為にはエリマキ盛りのチャーシューと、その中央にしっかり盛られたもやしとをある程度食べなければなりません。それくらいボリュームあります。
少し背脂の浮いたスープは微妙に化学的な味がしないでもないですが、思っていたよりもさっぱりとした味です。とくこつ臭さはほとんどありません。手打ち麺も無難においしいです。薄いチャーシューはとても柔らかいのですが、特別な下ごしらえを感じないノーマルな味です。これは好き好きでしょう。もやしはもちろんシャキシャキしています。
知らない街に来て食べるラーメンとしてはとてもおいしかったです。というか、これで750円というのはかなり満足度高いと思います。

どうも調べても、コレという「新潟ラーメン」スタイルは確立されてはいないようで、いろんなラーメンがあります。(全体的にはちょっと背脂系のお店が目に付きますが)
このお店は新潟で食べられる「神戸ラーメン」というような印象を受けました。市内の他を全然食べてないので何とも言えないのですが、行ってみてもよいのでは。そこそこ繁盛していたのは間違いありません。
同行した知人の食べた「冷やしつけめん」というのは全然おいしくないので要注意。

twitterに投稿する

TO TOP