ホーム > ラーメン > ラーメン報告書061「龍神」

ラーメン報告書061「龍神」

「りゅうしん」と読むそうです。
板橋区大山。川越街道を池袋を背にして進み大山ハッピーロード入り口を過ぎて少し行った左手。青い看板がでている小さなお店です。(AKINDOの近く) 店内はカウンターだけでいつもそこそこ客はいる感じです。

ちょこっとコーコク

ここの人気はつけめんということなので、定番の「ねりごまつけめん」を頼んでみました。他にも普通の「つけめん」もあります。
出てきたつけ汁はその名のとおりの胡麻風味。箸でちょろんとなめてみると、わずかに、よくあるつけだれ特有の酸味を感じるので、通常の醤油系ベースつけだれに練り胡麻を加えるというものでしょう。珍しい風味ですがなかなかな感じです。
そして、ザルに盛られた麺と具もきました。麺は見た感じあんまり鮮やかな黄色ではなく、ちょっとくすんだ感じです。そのせいか、そんなにうまそうではありません。
で、早速すすってみますと、これが結構いけます。特別激うまでないのも確かですが、麺のコシもまずまず良好で欠点が少ない感じです。具のチャーシューは「並」ゆでたまご、かいわれも特筆すべきものはありません。しかし全体的にバランスよいです。知人の食べた「練り胡麻ラーメン・中辛」もちょっと食べてみましたが、これは辛くて辛くてボクはNGでした。
他の客を見渡しても「つけめん」系を頼んでいる人が圧倒的だった(その日の気温もありますが・・・)ので、ここではつけめんがベストな選択でしょう。食べ終わった後、スープを要求する人が多かったのが印象的でした。(要はつけだれを薄めて飲むのです)

常々思っていることですが、つけめんって味よりも食感や食べやすさで印象変わったりするんじゃないですかね。つけめんがおいしいと言われているお店のラーメンは大体たいしたことないように思います。つまり、同じ「うまい」でもラーメンの方が断然困難だと考えていいんじゃないでしょうか。そういう意味からしてこのお店もラーメンについては「並」のような気がしました。
ボク個人的には場所が近いので、ここへ来る困難度が低く、その割においしかったと思ったのでしょう。
ちなみにオーナー夫婦と思われるふたりは見た目よりもずっと接客がよく、その点でも評価できると思いました。

つけめん大好きで、この辺がテリトリーで、たまには違ったつけだれで食べたいと思っていたら、ここはとてもオススメできます。

twitterに投稿する

コメント(1)

つい先日、普通のつけめんの方を食ってきました。
つけ汁はどうってことありませんでしたが、Yone氏のご指摘通り麺は結構美味しかった。つけ汁にもう一工夫あればいいのに。

ゴア | 2004年12月28日 16:09 |返信

TO TOP