ホーム > ラーメン > ラーメン報告書064「笑丸」

ラーメン報告書064「笑丸」

山手通りを要町交差点を背中に走り、中山道と合流していく地点のちょい手前。板橋区役所の付近です。デニーズの並びにある割と新しめのお店です。

ちょこっとコーコク

ここは、一年くらい前に出現したのをチェックしていたまま、様子見状態でした。
先日、空腹時に偶然通りかかった為(ちょっと迷ったのですが)アタックしてみました。
看板には「とんこつ」とあります。店の入り口にある券売機を見ると、笑丸ラーメンというとんこつらしきラーメンと味噌ラーメンというのがラインナップされていす。味付け玉子なども食べたかったのですが売り切れだったので、とりあえずは基本の「笑丸ラーメン」にしておきました。

店内はカウンターのみ。そこそこキレイです。目の前に置いてあるザルには刻みネギが盛られていて自由に乗っていいようになっています。愛想のさほどよくない店員にチケット渡し、待つこと数分。白濁のスープに中くらいの麺が泳いだラーメンが登場しました。
さっそくスープ一口。むむ、想像していたいわゆるよくある「とんこつ」とはちょっと違います。やや甘めでしょうか。特有の臭みはほとんどありません。しかもこの手のスープには普通は博多系の細ストレートみたいなものを使うのがスタンダートだったりしますから、食べた印象もやや異端です。チャーシューはほどほど柔らかくスープの種類にも合っていると思いました。テーブルの「高菜」を加えると辛味が増し、これはこれでなかなかです。
場所のせいでしょうか、さほど賑わっているという印象はないのですが、意外とイケるような気がしました。同行した友人もなかなかうまいとの感想を述べていました。(しかし彼は味覚二等兵なので参考にしづらい)

「思いがけず」うまかったというのが素直な感想です。
とんこつ苦手って人でも好印象持つ人いるんじゃないかと思います。ボクは麺とスープの組み合わせにちょっと賛成しました。
ただ、一つ問題なのは2人ともペコペコで食べていることです。あれは大体のラーメンうまく感じる可能性あります。
近いのでまた再食してみようかと。

twitterに投稿する

TO TOP