ホーム > スポーツ > アテネ・メモ

アテネ・メモ

楽しかったアテネオリンピックも、とうとう終わってしまいました。
今回は本当に文字通り「メダルラッシュ」でしたね。

最終リザルトは
金メダル : 16
銀メダル : 9
銅メダル : 12
で、メダル総獲得数では世界6位、金メダルランキングだと世界5位なのだそうです。
スゴイですね。
世界的にみてもトップクラスということですよ。
日本人が身体能力的に劣等感を覚えるのは過去の話になったのかもしれません。

それにしても、見どころの多い大会であったのは間違いないのですが、ちょっと物足りなさもあります。アテネの時間帯とかいう以前に、なんだか各種目パッパパッパと決勝になってしまい、うっかり一つの種目に夢中になっていると、別の何かを見逃す感じがありました。もっと少しずつでもよかったのに。
あと競技種目。毎回少し話題になると思うのですが、馬術とか、セーリングとかってどうなんですかね。見れば見たでおもしろいところもあるのでしょうけど、他の競技と比べると己の肉体とか、道具とかとは別に、「動物」「気候」みたいなものを味方につけなくてはならないですもんね。あれがありなら、「腕相撲」とかのが全然ありなような気がします。というか、いっそのこともっと運動会のノリで「綱引き」とか「二人三脚」とかも大まじめにやったらおもしろいかもしれませんよ。

さて、今大会をウォッチングしながら、細々と思ったことを書き残しておこうかと思います。いずれにしても名残惜しいので。

ちょこっとコーコク

○柔道
物凄い成果を残した日本柔道陣ですが、やはり何度考えても井上康生の今回の成績だけは悔しい。本人も北京オリンピック目指すようなコメント残していたので、きっとそうなるのでしょう。柔道の神様のイタズラですね。
ちょっと思ったのが、阿武教子。
メダルはメダルでおめでたいのですが、警視庁勤務で金メダル取って昇進というのも何か凄いですよね。仕事内容関係ないわけです。

○野球
大会前、井上康生以外で「固い」と思っていたのは野球だったのですが、これまたまさかの敗退。結果的には銅ですけど、アメリカのいない中、これはやはり残念過ぎる結果です。
ずっと思っていたのですが、監督不在で「長嶋ジャパン」を名乗り続け、「長嶋監督のために」みたいなムードでやってましたが、これ勝ってたらやはり長嶋監督様々なんですかね。おかげさんで負けても中畑には何の責任もないみたいですけど。
それにしても、思ってた以上に2人枠が効いてしまった感じです。本当の日本代表にして欲しかった。

○女子バレー
開催前は1番の注目競技だったとか。
ボクもそれなりに気にしてはいましたが、結局ずーとダメでしたね。全然調子があがってこないし。大山の髪の毛は相変わらず湿っぽいし。

○水泳
北島康介は凄かった。競技は文句なし。ただなーんかナルな香りがするんですよねぇ。目配りとかしぐさとか。ま、勝ってるうちは何でもいいですが。
あと、柴田亜衣は思いがけず大爆発でした。自由形で日本人が勝てる時代になったんですねぇ。芸能人になるとか言わなければいいのですが。

○サッカー
男子は戦前からわかっていたことですが、女子は惜しかった。アメリカに勝ってれば、また勢いが出たような感じあったのですが...。

○自転車
大菅小百合見ようかと気にしていたのですが、あまりにも僅かな放映時間で拍子抜けでした。
しかし男子のチームスプリントは結構興奮。

○体操
こういう機会、つまりほとんど4年に1度くらいしか見ないのですが、今回の男子の団体の金はよかったですね。もしかしたら「ベストジ〜ン」かもしれません。塚原も面目躍如ですし。

○トラック
なんで末続は200出なかったのでしょう。200の方が可能性があったような気がするのですが。これで4年後また挑戦という話ですが、わかってるんですかね、25越えてからの体のことを。
しかしリレーは惜しかった。でも4位っていうのもスゴイですけど。

男子の100については、なんか一頃に比べると華がなくなった感じがあります。短命王者が多いからでしょうね。それにしても、110mハードルの劉翔(中国)はぶったまげました。ダントツでしたね。ドーピングしてんのかと思うくらいです。アジア人がスプリント系で勝つ時代なんですねぇ。

○フィールド
ドーピングといえば、なんといっても砲丸投げのアヌシュ(ハンガリー)。結局は金メダルはく奪で室伏が繰り上げということに落ち着いたのですが、疑われた時点で「引退」とか言っちゃうのって「かなり怪しい」反応ですよね。どうやら、他人のオシッコにすり替えたのだけは間違いなさそうだとか。他人のオシッコを入れたビニールを脇の下とか、肛門とかに隠したりするとかのようですが、アヌシュには何が何でも肛門であって欲しいものです。

○マラソン
野口はお見事でした。サングラスが逆さまなのがずっと気になっていたのですが、あれはああいう仕様の特注品だとか。
野口がゴールした直後、「靴の匂いを嗅いで、それによって吐き気を催した」ように見えたのですが、まぁそこまでおもしろいことはしないですね。靴へのお礼と酷暑からの吐き気ってことのようです。

これで高橋尚子を選ばなかった人たちもホッと胸をなで下ろしていることでしょう。しかし野口は高橋問題とは別で最初から選ばれていた人ですからね。いずれにしても来年にも実現しそうな、高橋vs野口もおもしろそうです。

男子の方はあれはあれくらいで頑張ったとみていいのではないかと思います。それにしても、「油谷繁」って凄い名前ですよね。藤子マンガとかに出てきそう。

例の妨害男は困った奴ですねぇ。
ちょうどボクはトイレに行った時だったので、本当に何がなんだかわかりませんでした。あの男、F-1にもウインブルドンテニスにも出没したことあるそうです。もしかして大昔に広島球場に出たクモ男もあいつか。

○レスリング
浜口京子の試合、NHKの中継でもバックからアニマルの声が響いてましたね。ちょっと笑いました。とりあえずアニマルも役目果たしたって感じです。しかし、レスリングの試合ってどうしても盛り上がりづらいんですよねぇ。なんか今度ルール改正あるみたいですけど。


とまぁ、こんなところでしょうか。
あと、ついでに報告させていただくこととして、期間中、ボクなりに考えていたこと。
まず
「ナショナルの酸素チャージャーにCMに出ていた選手は奮わない」
ではないかという説。
これは室伏、井上、末続、塚原、伊藤華英(五輪出場逃す)と出ていたわけですが、これは塚原の金と、室伏の繰り上げ金でしたので、それほど説得力なし。

次に、テコンドーの岡本が惨敗したところで、「Yahoo! BBの広告に出てた人(井上、室伏、福原愛、岡本依子、村田由香里)は奮わない」という説を立ててみたのですが、これまた室伏の金にて消滅。

結局、「開会式に出ていた選手が奮わない」というのが、なんとなく成立していたかもしれないかなと思ったりしていました。

まぁ何にしても、楽しいお祭りは終わってしまいました。
4年って長いですねぇ。
あ、その前にドイツワールドカップがあるか。

twitterに投稿する

コメント(5)

アヌシュから肛門は分かりづらいかも.........
肛門好きの米としては願望が有るのも分かるが

marble | 2004年8月31日 12:29 |返信

わかってしまうmarbleさんこそ、そちらの方には敏感なようですね。
しかし貸せませんよ。

yone | 2004年8月31日 22:03 |返信

お二人の只ならぬ関係が滲み出てますね。おそらくですが
キスは済ましてますね。

僕も北島のナルっぷりに注目していました。わざとらしく
耳に入った水を大袈裟に出すところなんかも。でも格好
良かったなぁ…。

オリバー | 2004年9月 1日 01:16 |返信

とんでもないです。

しかし、
北島は今は何やっても許される時期ですからね。とりあえずしばらくは少々のことは目をつぶります。

そんなことより、昨日のさんまのオリンピック特番に中畑が出てて、そっちの方が100倍腹が立ちました。何を美談にしようとしてるのか。

yone | 2004年9月 1日 02:30 |返信

疑問だったのですが何故監督中畑。監督経験も無いのに。
しかも監督が出来る知能では無いです。

ならば一茂の方が納得がいくってもんです、結果がどうであれ。
一応長嶋ジャパンになりますから…。

オリバー | 2004年9月 2日 08:20 |返信

TO TOP