ホーム > スポーツ > 安藤美姫よ、ボナリーになれ

安藤美姫よ、ボナリーになれ

ニュースの結果ばかりで、すっかりライブ放送は見逃しているトリノオリンピックですが、とうとう女子フィギアのショートプログラムがやるということで、がんばって早起きして見てみました。

ちょこっとコーコク

結果は、
1位 サーシャ・コーエン
2位 イリーナ・スルツカヤ
3位 荒川静香
4位 村主章枝
そして安藤美姫は8位。

なんか、冷静に見てる人なら誰に聞いてもそう言いそうなくらいの超順当でした。
1位と2位の入れ替えくらいはあるかなと思っていたのですが...

国民の妄想を一気に背負った安藤美姫に関しては、ボクの知る限りのいつもどおりで、ジャンプはやっぱり危うい感じから脱してませんし、スピンする時の軸も、もうひとつピタリとしないような気がします。
ちょっとまだ未完成なんでしょうね。顔からガチガチも伝わってきますし。
しかしま、4回転を公式戦、それもオリンピックという舞台で決めるという意味ではショートプログラムの段階での8位という結果は最高です。守ったって仕方ない位置ですから。
もちろん、決めたからって他が総崩れしない限りメダルに届くなんてことはまずないでしようし、ある意味ではほとんどエキシビジヨンの扱いです。
ただ、ボクを含め多くの日本国民は、とりあえずなんか一安心することになるのではないでしょうかね。

twitterに投稿する

コメント(2)

ふと思ったんですけど審査員ってみんな男ですかね。

安藤が8位ってちょっと贔屓目に見られているような気がします。
それに対して村主の得点はちょっと低いように感じました。本人の
表情からも納得いってなかったようですし。

オリバー | 2006年2月23日 22:54 |返信

安藤はヘロヘロでしたねぇ。
プレッシャーもいろいろあったでしょうが、荒川とか村主とかの演技と比べると少し開きを感じました。

yone | 2006年2月24日 11:31 |返信

TO TOP