ホーム > スポーツ > バンクーバー五輪と東京マラソン2010

バンクーバー五輪と東京マラソン2010

女子フィギアの決着がついたところで、なんか終わってしまったようなバンクーバーオリンピックですが、その後に女子スピードスケート団体でメダルが一つ追加されました。
金いけそうだったのですがね。

それで日本としての結果は銀が3つで銅が2つですか。
スケートに属するものだけが取れたわけか。

ちょこっとコーコク

今回も放送の時間帯が厳しく、ほとんどまとも見られませんでした。
ライブで見ていたのは上村愛子の決勝くらいかな。

おそらく一番盛り上がっていた女子フィギアは、結果を知りながらビデオで夜見ていたのですが、どうにもキム・ヨナは凄かったですね。
史上最高得点を更新しつつの金。
強かったとしか言いようがありません。
SPの時点では、実際の点数差ほどの差はなかったように思ったのですが、フリーでは目で見えてキム・ヨナの安定を見せつけられました。
細かな評価は知りませんが、ボクなんががボーッと演技を見比べただけでも、キム・ヨナと浅田真央では、色気が随分違うかなって感じです。
いやこれ、ボクがキム・ヨナに色気を感じていると取られたくはない部分なのですが、要するに「私を見て」感が比較にならないくらい強いなって印象だったのです。
対する浅田真央は、ちょっと器用な子供ってふうで、特にフリーで演技は「背伸び」にしか見えず、異様にハマってないような気がしました。演技として深刻で悲壮な表情をしていたのか、単に本気でそうなってしまっていただけなのか、よくわかりませんでしたが、とにかく暗いなぁと。
負けたのは『ジャンプミスのせい』とだけしておけば、日本人の安堵を保てるのかもしれませんが、なんか気になりました。

安藤美姫は、ドカンと乗れば色々とおもしろい存在でしたが、それほど冒険はせず、うまいことまとめるという方法で一定のリザルトを欲しがった感じですね。
その善し悪しは別として、あの悲惨な4年前の姿からすると、本当に成長したように見えます。
肌が黒すぎて不気味だったのですが、クレオパトラの衣装に合わせていたってことでした。
今回は、実力者の2人と地元&母急逝のロシェットを相手に回しては、なかなかメダルっていうのは難しい話でしたが、長洲には勝って欲しかったなぁ。

しかし、フィギアは世界じゅう見渡しても日本という国が強いのは間違いありませんが、他全体的にはダメですね。
長野の時は各種目、いろいろと見どころあったのがウソのようです。
要するに強化の費用が足りてないのでしょう。
次は、ほとんど聞いたことないソチでの冬季オリンピック。
どうなるやら。


さて、話は変わって東京マラソン2010
ボクは、去年の夏くらいから右膝の傷みが慢性的になってしまったのと、ちょうど応募期間の頃生活がバタバタしてしまっていたのとで、応募すらしませんでした。
子供連れて沿道で応援に行こうかなと考えていたのですが、雨振っていたのでテレビ観戦にチェンジ。
それにしても、東京マラソンはよく降られますね。

今回は日テレイヤーだったわけですが、全体的に局の東京マラソンへのお祭り仕掛けが少し弱くなったような感じもなきにしも。
あまりバラエティ化しないようにとお達しでもあったか。

しかし驚いたのが猫ひろし。
フルマラソン2時間台に突入ですもんね。
ボクが出た2008年の時は、確か3時間台を出して凄い凄い言われていたくらいだったのですが、この2年で1時間くらいタイム縮めたってことでしょうか。
恐ろしい。

ボクも、未だ東京マラソンには未練があり、いつかはリベンジを企んでます。
その前に右膝をちゃんと検査せねば。

twitterに投稿する

TO TOP