ホーム > 試食レポート

あらかじめお伝えしておきますが、今回は食べてません。口に含んでみただけです。

主のいなくなった「アントクアリウム」のブルーのゼリーは一体どんな味をしていたのかということだけ知りたかったのです。
焦点は「甘い」のか否か。

最近は、ネット上の噂だけに留まらず、電車の中吊り広告なんかをながめていても、「大地震が来る」的な話がゴロゴロしていますね。

ボクも、気付いた時に少しずつサバイバル用品を買い集めたりしているのですが、そんな中で巡り合った今回の「非常災害用サクマドロップス」。
東急ハンズで入手しました。1缶294円です。

非常時ではないのですが、なめずにはいられません。

微妙に話題になっている商品ですので、すでにチャレンジ済の方も多いかもしれませんが、一応扱っておきます。
無炭酸コーラ
ご覧の通りの紙パック入りのコーラです。しかも「乳酸菌飲料」というハチャメチャさ。発売しているのは「ヨークごっくん」の「ヨーク」です。

うまいまずいに何の期待も抱いてはいません。とにかく「飲みたい」のです。

今回は、こないだ試した「ハッスルドリンク」と趣が似ています。
こんなパッケージでありながら、分類上は清涼飲料水なのです。
その名も「ガッツの源

ガッツ石松の写真の脇に「私の元気の源です!!」などと書かれています。
うさんくさい。

ドン・キ・ホーテで800円しました。

コンビニで扱っているようですが、期間限定ものなのと、実際東京では見かけないのとで、レポートお届けしておきます。

言わずもなが「じゃがりこ」の姉妹品で、じゃがいもに対するさつまいもということでの「さつまりこ」というわけですね。なんか女の人の名前みたいです。

「ハッスルドリンク」
企画ものです。

あらかじめ補足しておきますと、
ちょうど1年前にはじまった「ハッスル」というイベントは、PRIDEを運営するDSEが、『ショープロレス 』という意識で世に送り出した別ソフトです。
その中で、例の小川直也の「ハッスル、ハッスル」があるわけですね。

で、その小川のいるハッスル軍と、対立構造にあるのが高田モンスター軍。互いにプロレス的にいがみあっています。そして、モンスター軍のボスは、高田延彦がデスラー調のコスプレで演じている高田総統というキャラとなっています。

このハッスルドリンクのパッケージにいる人物が、つまりは高田総統ですね。

ようかん博

○ラーメンようかん
ramen_yokan.jpg


○餃子ようかん
gyouza_yokan.jpg


○インドカレーようかん
curry_yokan.jpg


○青汁ようかん
aojiru_yokan.jpg

グァムものの最後です。
これもABCストアで発見しました。
その名の「Arizona」

サムネイル写真をクリックしていただければ確認できると思いますが、とりあえず目に付いてしまうのは、和装の女性のイラスト。芸者でしょうか。やや妖艶です。
で、その脇に低糖緑茶なんて記載されています。
緑茶に低も高も無いものと思っていましたが...

グァムで買ったものです。

ラベルには「茶」という漢字が見られるので、やはり緑茶ベースなんでしょう。
緑茶にはビタミンCが豊富だとかいう話も聞きますが、これはもっと踏み込んだ感じがしますね。

非常に活きの良いパチもんです。

説明はいりませんね。
パッケージのニュアンスも含め、もろ「きのこの山」です。
グァムのABC storeで捕獲しました。

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

TO TOP