ホーム > 試食レポート > 試食レポート103「スープカレーチョコ&味噌ラーメンチョコ」

試食レポート103「スープカレーチョコ&味噌ラーメンチョコ」

インパクトに負けて買ってはみたものの、なかなか食べる気も起こらず、ついに賞味期限を切らしてしまいました。
しかしまだ経過一週間。
もったいないので試食しました。
スープカレーチョコ味噌ラーメンチョコです。
sc_mr_chocolate1.jpg

ちょこっとコーコク

まずはスープカレーチョコの方です。
包みには「札幌南家」とあります。実店舗があるようです。
sc_mr_chocolate2.jpg

原材料欄に目を引くのは「カレー粉・ターメリック・コリアンダー・クミン・フェネグリーク・胡椒・赤唐辛子・ちんぴ・その他香辛料」です。
それなりにカレー度高いかもしれません。

包みを外すと、
sc_mr_chocolate3.jpg
な、なんだ。この青いテープ。

一瞬、リアルな意味で「手作り」かと思いました。
通常よくありそうなアルミホイルのチョコレート包装かと思いきや、なんかちょっと違います。
一応、ちゃんと封はふさがれていて、そのたるみを留めてっただけでした。

sc_mr_chocolate4.jpg

開封すると、ブワッとカレーの匂いが広がります。
こういうのでよくある、若干人工的なカレー臭ですね。

では一口。

もくもくもぐ・・・。

甘い・・・あ、辛ッ!

普通のチョコレート調で食べ進んだのち、ホントに後味のようにピリッとしたパンチが追っかけてきます。
そしカレーの風味。
なんとなくですが、カレーまんで使われているようなカレーを連想しました。
いわゆる普通のカレーよりも、さらりとしたスパイス感を表現している感じもあるので、このあたりがつまり「スープカレー」へ寄せた努力でしょうか。
激しく不味くはありません。こういうものによくあるフザケは慎んでる様子です。

sc_mr_chocolate5.jpg

続いて味噌ラーメンチョコです。
こちらは「旭川味源」となっています。調べてみると、濃厚な味噌ラーメンで定評ある様子です。
こちら、包みの原材料欄には特に味噌ラーメンならではのものは見つかりません。香料勝負でしょうか。

sc_mr_chocolate6.jpg

開封しても、特別変わった匂いはしてきません。
よく嗅いでみても、なんとなく普通のチョコレート変わらない気がします。

早速一口。

もくもくもぐ・・・。

甘い・・・ん、何だ!?

あまりに普通の感じのチョコレートの後半に、何か一瞬通過していくヘンな味があります。
味噌ラーメンと言われてもピンとこないのですが、とにかくヘンな味です。悪い意味に近いかもしれません。味噌なのか。

よくわからなかったので、もう一かけら食べてました。

もくもくもぐ・・・。

甘い・・・ん、何だ!?

終わりの方で通過していく感じなのです。何か違和感のある風味が。
でも、後味としてはそんなに残存しないので、「まずい」と言葉にする前に忘れてしまう感じです。
ワイフにも食べさせてみたところ「普通のチョコレート」と述べていました。

結論としては、
この2種とも「食べられるが美味しくはない」というところでしょうか。

繰り返しになりますが、今回ボク食べたのは賞味期限を1週間ほど過ぎたものです。
もともと、もっと美味しかったのか、あるいは熟成されて本来より美味しくなってしまったかは謎です。

twitterに投稿する

TO TOP