ホーム > 試食レポート > 試食レポート100「おでんゼリー」

試食レポート100「おでんゼリー」

summer_oden1.jpg先日、成城石井に立ち寄ったら、ふと目につきました。
「夏おでん」だそうです。

裏には「夏おでんゼリー寄せ」とあります。
ゼリー寄せということだっら、おでんでもまぁそんなに特異なものでもないのかなぁと思いつつ、陳列棚を見ていると、他社からも同様のおでんゼリーが発売されています。
なんか「好評につき今年も登場」みたいなこと書かれていたりするので、すでに定着しつつあるものなのかもしれません。
見た感じ、果物の具だくさんゼリーみたいな趣があるのを買って帰りました。

ちょこっとコーコク

本来ならば、お皿なんかに移して食すべきなのかもしれませんが、このカップにそのままスプーンをつっこみ食べてみたかったので、ワイフや子供が寝た後に一人きりで決行します。

summer_oden2.jpgペロンとフタをめくると、しっかりとおでんゼリーが充填されています。
透けて見える具たちは、パッケージによると「魚肉、えび、グリーンピース、きぬさや、昆布、こんにゃく、ねぎ、玉ねぎ・・・」などとあります。

食べてみました。

むむむ。

「別に」かなぁ。

こざっぱりとした和風だしのゼリー寄せであり、別にマズいことは全然ないのですが、特に美味しくもありません。
いや、ゼリー寄せってこんなもんと言えばこんなもんかな。
目をつむって食べて、「おぉ冷たいおでんだぁ」という感動もないでしょう。

summer_oden3.jpg食べていくうちに、わりとすぐ飽きてきます。
具に何が入っていても一緒って感じ。
味に変化があまりありません。

ご飯のおかずになるわけでもなし、酒のつまみになるわけでもなし、食べどころの難しい一品ですね。
そもそも、おでんの具らしいものが「つみれ、ちくわのかけら、こんにゃく」くらいしかないのもおでん度の低いところかもしれません。
はんぺんとかは、ゼリーとの共存が難しいのかもしれませんが。

値段は、失念してしまったのですが、確か400円弱くらいしたと思います。
これ一個で、数人でちょこっとずつ食べるのが正しい食べ方でしょうね。

twitterに投稿する

TO TOP