ホーム > 試食レポート > 試食レポート104「トマッシュ」

試食レポート104「トマッシュ」

tomash1.jpgトマトスカッシュということだと思いますが、
「トマッシュ」という名の飲み物です。
その名が示すとおり、トマトのソーダということですね。
炭酸ぽさとトマトっていうのは、ビール+トマトジュースの「レッドアイ」という天才的なカクテルがあるので、組合せ自体はさして驚かないのですが、これは純粋にソーダとして出してきたものです。
実はボク、トマトジュース好きなんですよね。

ちょこっとコーコク

半分ゲテモノ感ありますが、出しているのはKAGOMEですから、わりと真面目で、ホームページでこの商品の紹介を見てみるとオシャレ調な部分すら見つけられました。
缶にはこんなことが書かれています。

スパークリングトマト【トマッシュ】
華やかなトマトと炭酸の新しい組合せ。
レモンですっきり、ピリッとジンジャー。
甘さひかえめのクリアなトマト炭酸飲料です。

「華やかなトマト」という表現の意味はよくわかりませんが、トマトだけではない様子なのはわかりました。
缶にあるイラストにも、レモンの他にもぶどうの絵も描かれていたりします。
カゴメでいうところの「野菜生活」みたいな混合果汁系がベースっぽいですすね。
冒頭にトマトジュースが好きと書きましたが、逆に果実プラス系の方は好きではありません。

tomash2.jpgとりあえずプシュ。
赤いソーダが出てきます。
アセロラだと言われても不思議に思わないくらいの鮮やかさ。
トマトのソーダだからといって、あの濃厚な赤にそのまんま炭酸入れているわけではないので、まぁこんなもんちゃこんなもんでしょうか。

さて一口。

ん〜。トマトか。

結構スッパイですね。
最初一瞬トマトジュースの青臭さがあり、酸っぱさが襲ってきて、後味としてまたトマトジュースの青臭さと多少のジンジャー感。
マズイとはいえない程度のバランスですが、おもしろい味ってほどでもないかも。
クサスッパイ。

あらためてコップに注いだ分を見ると、意外と赤々してますね。

tomash3.jpg

KAGOMEもこういうのがスタンダードになるなんて微塵も思っていないでしょうから、あくまで思い出飲料ですね。
オススメはしませんが、しばらくすると消えてなくなるのは間違いないので、安売りしていたら一度飲んでおいてもいいかもしれません。

twitterに投稿する

TO TOP