ホーム > > 湯探訪12-2「ひらゆの森」

湯探訪12-2「ひらゆの森」

かなり昔に報告した岐阜県は平湯にある温泉施設です。
思いがけず再訪問することができました。

どうして、いろいろと温泉施設のある平湯の中で、昔行った同じところへ行っちゃったのかと言いますと、
これがまた、見事なくらいのリニューアルが施されていたからなのです。
まるで別施設。
建物は新築されたもので、より平湯バスターミナルに近くに入り口があります。駐車場も舗装されているちゃんとしたもので、外観からして以前とは全く違います。
以前行った記憶では、良い湯だけど、施設イマイチって感想だったので、まさに弱点克服したのではないかと思い、再度行ってみました。

ちょこっとコーコク

入館料は500円ですから、これは据置。
安いですね。
古屋敷調という感じの館内は、なかなか雰囲気あるなと思ったら、築300年だかの古民家をそのまま移築したのだとか。

早速、浴場の方へ。
畳敷の広い脱衣所で、ずらーとコインロッカーがあります。ロッカーに関しては、相変わらずコイン返却しないタイプですね。
大浴場に入ってみると、実に昭和調な広々とした空間が広がります。
洗い場は何倍増したかわかりません。

白濁した湯につかってみると、
くぅぅ温泉
硫黄の匂いとともに印象的なのは、大量の「湯の花」です。
泉質的には、
含硫黄-ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉・塩化物泉(低張性中性高温泉)
となっています。

さて、露天の方に行ってみました。
数秒で気づいたのですが、露天の方は昔のままです。
アプローチの扉の位置が変わっただけですね。
以前と同じような、池っぽい露天風呂が5、6個点在している感じ。
その露天もクオリティも昔のまま、岩などの結合部などちょっと雑な雰囲気のままです。
そんなにガッカリするほどヒドイってわけではありませんが、もうちょい気を回して欲しいかなと。

入浴後、館内さらに奥まったところにある休憩所へも行ってみました。
こちらは、昔よりさらに大きな休憩所になった印象です。
畳敷きの大広間はなんともリラックスできます。
扱っている牛乳も、やっぱり飛騨もの。

どうも2004年末にリニューアルしたようなので、今やこの状態が普通なわけですから、相対的な感想言っても仕方ないのですが、総合的には相当良くなったのではないかと思います。
露天のところで触れたように、昔のまま進化していない箇所もあるにはありますが、それは東京などでの温浴施設に慣れたボクの感想に過ぎません。
やはり絶対的に湯力があるところは、いいものです。
しかも500円で入れるわけですから。

ひらゆの森
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯763-1
0578-9-3338
http://www.hirayunomori.co.jp/
http://www.hirayunomori.com/
入浴料 大人500円、小人400円 貸切風呂(45分1名)=1000円

湯探訪12「ひらゆの森」 2003年06月19日
twitterに投稿する

コメント(2)

温泉の季節がやって来ますねぇ
来週あたり、熊本あたりまで行こうかしらんw

Tiny | 2006年10月31日 08:21 |返信

いいですねぇ。
今度九州行く時は、どこか温泉地も行ってみたいです。
大分になっちゃいますけど、湯布院も一回行ってみたいなぁ。

yone | 2006年10月31日 11:10 |返信

TO TOP