ホーム > 湯

今回は箱根の日帰り温泉です。
その名も天山湯治郷。名前だけでありがたそうですね。
場所は、小田急線箱根湯本の駅前を通る国道1号から駅手前にある三枚橋という橋を渡り、箱根旧街道を10分弱(車)走ったところです。ちょっと山道の感じになってきた頃、ふいに谷側に入口が見つかります。下るように進むと、施設がどどんと姿を現します。

実はここ、半年ほど前に一度行ったのですが、本サイトリニューアル中で報告しそびれていました。しかし、あまりにも感動的だったので、再び行ってきたのです。
東京在住でありながら、箱根にリピートしたわけですから想像つきますね。
つまりワンダフルなのです。

2004年7月28日に和光にオープンした「極楽湯」というスーパー銭湯です。割と近くに住んでいるのですが、BBSで教えていただくまで知りませんでした。どうやら天然温泉のようです。

場所はほとんど笹目通り沿いで、目白通り-川越街道間の「土支田」交差点付近。目白通りを背にして右側、牛丼の松屋のすぐ隣りに入口があります。例によって「和」な建物です。隣りに立体駐車場があり、駐車台数は200を誇ります。余裕ですね。

軽井沢にある「トンボの湯」という名の日帰り温泉施設です。内外装がかなりオシャレ目なので雑誌なんかでもよく取り上げられているところのようです。
中軽井沢の駅の真ん前から出る道(R146)を草津の方に少し北上、18号から来たとしても曲がって5分とかからないでしょう。通りに、蚊取り線香みたいなロゴマークの看板もあるので、すぐわかります。

千葉の館山の方の安房自然村というところにある温泉です。
海の後にどっか寄りたいということで、インターネットで調べて行ったのですが、千葉でもほとんど最南端というような場所です。

松戸にあるスーパー銭湯です。「ゆらの里」と読みます。東京方面から6号をじゃんじゃか北上し、途中から松戸鎌ヶ谷線という道に逸れていくと、その通り沿い右手に現れます。割とシンプルな道順なのですが、うちのカーナビが珍しく誤案内し到着まで時間かかってしまいました。松戸には謎の磁場が働いているのか。

ずっと以前、草加のやまとの湯をご紹介しました。今回は埼玉の蕨にある系列店です。場所は「戸田温泉・彩香の湯」の近くでした。車で5分と離れてないかもしれません。

環七を亀有から小岩に向かい、奥戸街道を過ぎたあたりを中に入ったところにあります。新小岩自動車学校やゴルフ練習場、ボウリング場が併設されているようなところです。かなりデカイ看板がかかっているので、存在はすぐに気付くでしょう。

2003年の12月30日にOPENした温泉施設「天然戸田温泉 彩香の湯」です。
戸田競艇場らへんというのは適当過ぎる説明かもしれませんが、とにかく新大宮バイパスから少し戸田方面は入った感じのところです。大きいのですぐ見つかります。

調布にある温泉施設です。場所はカーナビまかせだったので、詳しく説明できないのですが、結構わかりづらいところにありました。住宅街と突如現れるいう感じです。行く時はHPなどで下調べしてください。
ここの別名は「風水温泉」といって、なんでも「訪れる人に、財と愛、 そして健康運が満ちるための風水術、波動術を施した設計」らしいです。少し胡散臭いのですが、ガイド本などからして、とりあえずは普通のお風呂のようなのでトライしてみました。

今回は埼玉にあるスーパー銭湯です。アウトレットモール・リズムがある「ふじみ野」近辺です。川越街道から1本平行した道沿いにあります。住宅地の中に不意に現れる感じですが、川越街道からも看板があるのでわかりやすいでしょう。

TO TOP